○新城地域文化広場の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第195号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項及び図書館法(昭和22年法律第118号)第10条の規定に基づき、新城地域文化広場(以下「文化広場」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 地域住民の文化教養の向上及び福祉の増進を図るため、文化広場を新城市字下川1番地1に設置する。

2 文化広場に次に掲げる施設を置く。

(1) 文化会館

 文化ホール

 ふれあい会館

(2) ふるさと情報館

 図書館

 郷土資料室

(3) はなのき広場

 自由広場

 はなのき広場

(管理)

第3条 文化広場は、新城市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(利用の許可)

第4条 文化広場の施設のうち文化会館及びはなのき広場並びにその附属設備(以下「施設等」という。)を利用しようとする者は、あらかじめ教育委員会に申請して許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も、同様とする。

2 前項の規定による許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、許可を受けた施設等の利用を取り消す場合は、その旨を教育委員会に届け出なければならない。

3 教育委員会は、管理上必要があると認めたときは、第1項の規定による許可に条件を付することができる。

(利用の不許可)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、利用の許可をしないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 文化広場の施設、附属設備等を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 管理上支障があるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、利用させることが適当でないとき。

(特別の設備等の承認)

第6条 利用者が利用に際し文化広場に特別な設備をし、又は備付け以外の器具を使用しようとする場合は、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(利用許可の取消し等)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、利用の許可の取消し又は利用の停止若しくは利用の許可の条件を変更することができる。

(1) 利用許可の申請に偽りがあったとき。

(2) 利用者がこの条例及びこれに基づく規則の規定に違反したとき。

(3) 利用者が第5条各号のいずれかに該当して利用をする理由が生じたとき。

(4) 利用者が納入期限までに使用料を納入しなかったとき。

(5) 災害その他事故により文化広場の使用ができなくなったとき。

(6) 工事その他文化広場の管理上やむを得ない理由が生じたとき。

(7) 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が特に必要があると認めたとき。

2 前項第1号から第5号までの規定のいずれかに該当し、文化広場の利用の許可を取り消し、又は利用を停止させた場合において、この処分に伴い利用者に損害を生ずることがあっても、教育委員会は、その責めを負わない。

(要許可事項)

第8条 利用者は、規則に定める事項に該当する場合には、あらかじめ教育委員会に申請して許可を受けなければならない。

(届出事項)

第9条 利用者は、規則に定める事項に該当する場合には、あらかじめ教育委員会に届け出なければならない。

(目的外利用等の禁止)

第10条 利用者は、文化広場を許可を受けた目的以外に利用してはならない。

2 利用者は、許可を受けた文化広場の利用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(使用料)

第11条 第4条第1項に規定する施設等の利用者は、使用料を納めなければならない。

2 使用料の額は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

3 前項に規定する使用料は、市長が指定した日までに納付しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

4 使用料の徴収方法は、規則で定める。

5 使用料を第3項に規定する日までに納付しなかった者からは、新城市税外収入に係る延滞金に関する条例(平成17年新城市条例第94号)の規定に基づき、延滞金を徴収する。

(使用料の減免)

第12条 市長は、特に必要があると認めたときは、使用料を減免することができる。

2 使用料の減免を受けようとする者は、あらかじめ市長に減免の申請をしなければならない。

(使用料の還付)

第13条 既納の使用料は、還付しない。ただし、規則で定める場合に該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(ふるさと情報館の事業)

第14条 ふるさと情報館は、その目的を達成するため次の事業を行う。

(1) 図書その他資料(以下「図書資料」という。)の収集、整理、保存及び利用に関すること。

(2) 地域に関する情報及び参考資料の紹介に関すること。

(3) 郷土資料の展示及び紹介に関すること。

(4) その他教育委員会が必要と認めた事業

(ふるさと情報館の図書資料の閲覧等)

第15条 教育委員会は、ふるさと情報館の図書資料を閲覧、複写及びふるさと情報館外への貸出しに供するものとする。ただし、重要又は破損しやすいものその他のもので教育委員会が指定する図書資料は、この限りでない。

(図書資料の館外貸出し)

第16条 ふるさと情報館の図書資料の館外貸出しを受けようとする者は、あらかじめ教育委員会に申請してふるさと情報館図書資料貸出券(以下「貸出券」という。)の交付を受けなければならない。

2 前項の貸出券を受けた者(以下「図書資料利用者」という。)がふるさと情報館の図書資料の館外貸出しを受けようとするときは、貸出券を文化広場の係員(以下「係員」という。)に提示しなければならない。

(貸出券)

第17条 図書資料利用者は、貸出券を他人に譲渡し、又は貸与してはならない。

2 図書資料利用者は、貸出券を損傷し、又は亡失したときは、教育委員会に申請してその再交付を受けることができる。

3 前項の再交付の申請をした図書資料利用者は、新城市手数料条例(平成17年新城市条例第92号。以下「手数料条例」という。)の定めるところにより手数料を納めなければならない。

4 貸出券は、図書資料利用者がこの条例及びこの条例に基づく規則の規定に違反したとき、その効力を失う。

5 前項の規定により効力を失った貸出券は、速やかに教育委員会に返納しなければならない。

(図書資料複写手数料)

第18条 図書資料の複写を教育委員会に依頼しようとする者は、申請をしなければならない。

2 前項の申請をした者は、手数料条例の定めるところにより手数料を納めなければならない。

(原状回復の義務)

第19条 利用者は、文化広場の利用が終了し、又は利用の許可を取り消され、若しくは利用の中止を命ぜられたときは、直ちに原状に回復して返還しなければならない。

2 前項の規定による義務を履行しないときは、教育委員会においてこれを執行する。この場合において、これに要した費用は、利用者から徴収することができる。

(係員の指示及び立入り)

第20条 利用者及び文化広場へ入場しようとする者(利用者を除く。以下「入場者」という。)は、係員の指示に従わなければならない。

2 利用者は、利用中の文化広場の施設に係員が職務上立ち入るときは、これを拒むことができない。

(損害賠償)

第21条 利用者及び入場者は、文化広場の施設、附属設備等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が賠償をさせることが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第22条 教育委員会は、法人その他の団体であって教育委員会が指定するものに、文化広場の管理に関する業務のうち、次に掲げる業務を行わせることができる。

(1) 第4条第1項の規定により施設等の利用を許可すること。

(2) 第4条第2項の規定により同条第1項の許可を受けた利用者からの施設等の利用の取消しの届出に関すること。

(3) 第4条第3項の規定により同条第1項の許可に条件を付すること。

(4) 第5条の規定により利用の許可をしないこと。

(5) 第6条の規定により特別な設備をする場合等の承認に関すること。

(6) 第7条の規定により利用の許可を取り消し、又は利用を停止し、若しくは利用の許可の条件を変更すること。

(7) 第8条の規定により規則で定める事項に該当する場合の許可に関すること。

(8) 第9条の規定により規則で定める事項に該当する場合の届出に関すること。

(9) 第15条第16条第17条及び第18条第1項の規定により図書資料に係る業務に関すること。

(10) その他文化広場を維持管理し、及び運営に関すること。

(委任)

第23条 この条例に定めるもののほか、文化広場の管理及び運営に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(過料)

第24条 次の各号のいずれかに該当する者に対しては、5万円以下の過料に処することができる。

(1) 第4条第1項の規定による利用の許可を受けないで使用したとき。

(2) 第4条第3項の規定により許可に付された条件に違反したとき。

(3) 第7条第1項の規定による利用の許可の取消し又は利用の停止の処分若しくは変更された条件に違反したとき。

2 詐偽その他不正な行為により、第11条に規定する使用料の徴収を免れた者に対しては、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)の過料に処することができる。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の新城地域文化広場設置及び管理に関する条例(昭和61年新城市条例第15号。以下「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成18年3月22日条例第10号)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に改正前の新城地域文化広場の設置及び管理に関する条例の規定により施設の利用の許可を受けた者は、改正後の新城地域文化広場の設置及び管理に関する条例の規定により、その許可を受けた者とみなす。

附 則(平成22年9月17日条例第35号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月20日条例第51号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年2月28日条例第6号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第11条関係)

区分

使用料(円)

8:30~12:30

12:30~17:00

17:00~22:00

文化ホール

大ホール

平日

19,100

25,400

28,200

土曜日

日曜日

祝日

22,600

25,400

28,200

小ホール

平日

6,900

9,900

11,000

土曜日

日曜日

祝日

8,800

9,900

11,000

リハーサル室

1,300

1,800

2,300

楽屋等

第1楽屋

300

400

400

第2楽屋

300

400

400

第3楽屋

1,300

1,400

1,600

第4楽屋

700

700

800

第5楽屋

900

1,000

1,100

第6楽屋

900

1,000

1,100

第7楽屋

500

600

600

楽屋事務室

300

300

300

特別控室

500

500

600

シャワー室(1室につき)

300

400

400

ふれあい会館

101会議室

700

800

1,000

102会議室

700

800

1,000

103会議室

700

800

1,100

104会議室

1,200

1,700

2,000

105会議室

1,000

1,300

1,500

303会議室

1,600

1,800

2,000

304会議室

1,200

1,700

1,900

大会議室

5,100

6,600

7,300

301講習室

2,000

2,600

2,900

302講習室

1,000

1,300

1,400

松の間

800

900

1,000

桜の間

800

900

1,000

展示室

3,500

4,600

5,900

備考

1 利用者が市内等居住者(市内又は北設楽郡に在住、在学若しくは在勤する者又は所在する団体をいう。以下同じ。)以外のものである場合の使用料は、この表に掲げる使用料の1.5倍の額とする。

2 利用者が市内等居住者であって、かつ、営利を目的とする場合又は入場料その他これに類するもの(入場料等の最高額が1人1回につき1,000円を超える場合に限る。)を徴収する場合の使用料は、この表に掲げる使用料の2倍の額とする。

3 利用者が市内等居住者以外のものであって、かつ、営利を目的とする場合又は入場料その他これに類するもの(入場料等の最高額が1人1回につき1,000円を超える場合に限る。)を徴収する場合の使用料は、この表に掲げる使用料の3倍の額とする。

4 大ホール又は小ホールを利用する場合において、舞台のみを利用する場合の使用料は、この表に掲げる使用料(前3号に該当する場合は、当該規定により算出した使用料)の10分の3の額とする。

5 使用料の計算において、10円未満の端数が生じた場合は、その額を切り捨てる。

6 この表において「祝日」とは国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいい、「平日」とは土曜日、日曜日及び祝日以外の日をいう。

別表第2(第11条関係)

区分

設備の名称

単位

使用料

(1回)

舞台設備(大ホール、小ホール兼用)

所作台

一式

4,860

平台

1台

210

オーケストラひな壇

一式

3,240

金びょうぶ

1双

1,400

銀びょうぶ

1双

1,400

指揮者台

1台

100

指揮者用譜面台

1台

210

楽土用譜面台

1台

50

譜面台用ランプ

1個

50

コントラバス用椅子

1台

50

司会者台

一式

480

賞品台

1台

430

姿見

1台

270

浅黄幕

1枚

480

紅白幕

1枚

370

紗幕

1枚

430

緋毛せん

1枚

210

長座布団

1枚

100

高座用座布団

1枚

100

大太鼓

1台

700

式次第両面掲示板

1台

210

雪かご

1個

430

舞台設備(大ホール用)

松羽目

一式

1,400

竹羽目

一式

1,400

地がすり

1枚

540

花道場幕

一式

160

演台

1台

700

花台

1台

210

上敷ござ

1本

270

オーケストラピット

一式

4,320

音響反射板

一式

4,860

映写スクリーン

一式

1,080

映写機(35ミリ)

一式

5,940

映写機(16ミリ)

一式

3,240

舞台設備(小ホール用)

松羽目

一式

700

地がすり

1枚

320

演台

1台

540

花台

1台

160

上敷ござ

1本

210

音響反射板

一式

2,480

映写スクリーン

一式

480

映写機(16ミリ)

一式

3,240

スライド映写機

1台

1,080

照明設備(大ホール、小ホール兼用)

スポットライト(1キロワット)

1台

320

スポットライト(500ワット)

1台

210

フットスポットライト

1台

160

ストリップライト(12灯用)

1台

320

ストリップライト(6灯用)

1台

210

効果用器具

1台

860

先玉

1個

270

種板

1枚

100

持込器材電源

1キロワット

210

照明設備(大ホール用)

フットライト

1列

700

花道フットライト

1列

270

ボーダーライト

1列

970

サスペンションライト

1列

1,080

プロセニアムサスペンションライト

1列

1,080

トーメンタルスポットライト

一式

2,160

シーリングスポットライト

1列

3,240

サイドスポットライト

一式

3,240

アッパーホリゾントライト

1列

2,160

ロアーホリゾントライト

1列

1,080

コンダクタースポットライト

1台

540

センターピンスポットライト

一式

2,160

Aセット

第1ボーダーライト

1列

3,670

第2ボーダーライト

1列

シーリングスポットライト

8台

サイドスポットライト

8台

Bセット

第1ボーダーライト

1列

7,340

第2ボーダーライト

1列

第1サスペンションライト

1列

第2サスペンションライト

1列

シーリングスポットライト

16台

サイドスポットライト

16台

Cセット

フットライト

1列

17,490

花道フットライト

1列

第1ボーダーライト

1列

第2ボーダーライト

1列

第1サスペンションライト

1列

第2サスペンションライト

1列

第3サスペンションライト

1列

トーメンタルスポットライト

一式

シーリングスポットライト

1列

サイドスポットライト

一式

アッパーホリゾントライト

1列

ロアーホリゾントライト

1列

プロセニアムサスペンションライト

1列

照明設備(小ホール用)

フットライト

1列

370

ボーダーライト

1列

640

サスペンションライト

1列

750

トーメンタルスポットライト

一式

640

シーリングスポットライト

1列

2,160

サイドスポットライト

一式

2,480

アッパーホリゾントライト

1列

750

ロアーホリゾントライト

1列

540

センターピンスポットライト

一式

860

Aセット

ボーダーライト

1列

2,590

サスペンションライト

1列

シーリングスポットライト

4台

サイドスポットライト

4台

Bセット

フットライト

1列

4,320

ボーダーライト

1列

サスペンションライト

1列

シーリングスポットライト

8台

サイドスポットライト

8台

Cセット

フットライト

1列

8,310

ボーダーライト

1列

第1サスペンションライト

1列

第2サスペンションライト

1列

シーリングスポットライト

12台

サイドスポットライト

12台

アッパーホリゾントライト

1列

ロアーホリゾントライト

1列

センターピンスポットライト

一式

音響設備(大ホール、小ホール兼用)

拡声装置(マイク1本付)

一式

3,020

レコードプレーヤー

1台

1,400

テープレコーダー

1台

1,400

カセットデッキ

1台

1,080

ステージスピーカー

1台

1,290

はねかえりスピーカー

1台

640

ワイヤレスマイク装置(マイク付)

一式

1,400

マイクエレベーター装置(マイク付)

1基

1,400

三点吊りマイク

一式

1,080

マイクA

1本

1,080

マイクB

1本

860

マイクC

1本

640

残響付加装置

一式

1,400

ピアノ

フルコンサートグランドピアノA

1台

6,480

フルコンサートグランドピアノB

1台

3,780

グランドピアノ

1台

2,700

その他の設備

拡声装置

一式

750

マイク

1本

540

映写機(16ミリ)

一式

1,620

オーバーヘッドプロジェクター

一式

540

スライド映写機

一式

540

ビデオプロジェクター

一式

2,160

ビデオ内蔵型テレビ

一式

1,080

五徳

1個

320

茶がま

1個

430

つりがま

一式

430

備考

1 この表における使用料は、別表第1使用料の欄に掲げる時間の区分ごとに1回とする。

2 この表において、ピアノの使用料には、調律料は含まない。

新城地域文化広場の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第195号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第11類 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年10月1日 条例第195号
平成18年3月22日 条例第10号
平成22年9月17日 条例第35号
平成24年12月20日 条例第51号
平成26年2月28日 条例第6号