○高浜市農業近代化資金利子補給金交付規則

平成6年6月24日

規則第41号

(趣旨)

第1条 この規則は、農業者等に対して融資機関が行う長期かつ低利の施設資金等の融通を円滑にするため、融資機関が貸し付けた農業近代化資金に係る利子補給金に関し必要な事項を定めるものとする。

(補給対象者)

第2条 利子補給金の交付を受けることができる者は、農業近代化資金助成法(昭和36年法律第202号)に基づく農業近代化資金の融資(以下「融資」という。)を受けた農業者等とする。

2 前項の「農業者等」とは、次に掲げる者をいう。

(1) 農業(畜産業及び養蚕業を含む。)を営む者

(2) 農業協同組合

(補給期間)

第3条 利子補給金の補給期間は、融資を受けた日から5年間とする。

(利子補給金の額)

第4条 利子補給金の額は、1月1日から12月31日までに貸し付けられた農業近代化資金につき、当該資金の種類ごとに、その期間中の毎日の貸付最高残高を合算した額をその年の日数で除して得た額に1パーセントを乗じて得た額の合計額とする。ただし、前条に規定する期間内に繰上償還があったもの及び返済期日の遅延に係る利息は、利子補給金の算定から除くものとする。

2 前項の場合において、利子補給金に100円未満の端数が生じたときの当該端数は、切り捨てるものとする。

(交付申請)

第5条 利子補給金の交付を受けようとする者は、利子補給金交付申請書(様式第1)に利子補給計算書(様式第2)を添付して、1月15日までに、市長に提出しなければならない。

2 前項の規定による交付申請は、農業協同組合が、申請者の依頼を受けて一括申請することができる。

(交付決定)

第6条 市長は、前条の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、利子補給金交付決定通知書(様式第3)により、申請者に通知するものとする。

(利子補給金の交付)

第7条 利子補給金の交付決定を受けた者は、毎年、その年の利息の支払を完了したときは、市長が指定する期日までに、利子補給金請求書(様式第4)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の請求書を受理したときは、速やかに利子補給金を交付するものとする。

(利子補給金の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正の手段により利子補給金の交付を受けた者があるときは、その者からその交付を受けた額の全部又は一部を返還させることができる。

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成6年7月1日から施行する。

2 この規則の施行前になされた申請、処分その他の行為は、この規則の相当規定に基づいてなされた申請、処分その他の行為とみなす。

画像

画像

画像

画像

高浜市農業近代化資金利子補給金交付規則

平成6年6月24日 規則第41号

(平成6年6月24日施行)