○高浜市防犯灯の設置等に関する要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、夜間における犯罪の予防及び歩行者等の交通の安全を確保するため設置する防犯灯に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置場所)

第2条 防犯灯の設置場所は、市道、通学路又は住宅地若しくは集落地の生活関連道路とし、次に定めるところによる。ただし、市長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

(1) 夜間の防犯上及び交通安全上危険と認められる場所であること。

(2) 防犯灯の設置に当たり、周辺の住民及び耕作者の同意が得られる場所であること。

(3) 既設の防犯灯から、おおむね40m以上離れた場所であること。

(4) 個人の用に供するものとみなされない場所であること。

(設置方法)

第3条 防犯灯の設置方法は、次に定めるところによる。

(1) 中部電力株式会社が設置する電柱(以下「中電柱」という。)に共架する。ただし、民地内の中電柱は、除く。

(2) 中電柱がない場合は、西日本電信電話株式会社が設置する電柱に共架し、又は支柱を建てて設置することができる。

(光源の選定)

第4条 防犯灯の光源は、原則として蛍光灯とする。ただし、市長が必要と認めるときは、白熱灯、水銀灯、LED灯、ナトリウム灯等についても選定することができる。

(設置の要望)

第5条 防犯灯の設置の要望は、原則として町内会長を通じて受け付けるものとし、その受付記録は、防犯灯、交通施設等新設・移設・修繕受付処理日報(様式第1。以下「処理日報」という。)により処理する。

2 市長は、町内会長から防犯灯の設置の要望を受けたときは、速やかにその内容を確認の上、設置の可否を決定し、その結果を当該町内会長に連絡するものとする。

3 前項の場合において、市長は、防犯灯の設置を決定したときは、速やかに当該町内会長と協議の上、必要な措置を講ずるものとする。

(修繕)

第6条 市長は、防犯灯の破損等について市民から情報の提供を受けたときは、速やかに現場を確認し、処理日報に必要な事項を記録するとともに、必要に応じて契約先の電気事業者に修繕を依頼するものとする。

(台帳)

第7条 市長は、防犯灯の管理状況を明らかにするため、施設台帳(様式第2)を整備し、必要な事項を記録しておかなければならない。

(庶務)

第8条 防犯灯に関する庶務は、都市政策部都市防災グループにおいて処理する。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成12年1月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成14年8月23日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年1月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年3月15日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

高浜市防犯灯の設置等に関する要綱

平成24年4月1日 種別なし

(平成24年4月1日施行)