○高浜市権利擁護支援システム推進委員会設置要綱

平成26年9月1日

(設置)

第1条 高齢者及び障害者に対する虐待その他の権利侵害の防止策やその有する権利を守るための支援策のほか、高浜市権利擁護支援センターの機能を含めた地域における権利擁護支援システムの推進と検討等を行うため、高浜市権利擁護支援システム推進委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事務を所掌する。

(1) 権利擁護支援の推進に関する提言及び提案に関すること。

(2) 権利擁護支援システムの改善に関すること。

(3) 高浜市権利擁護支援センターの役割、機能及び運営に関すること。

(4) 権利擁護の推進に関する調査及び研究に関すること。

(5) 権利擁護の推進を図るためのネットワーク構築に係る支援に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員15人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 学識経験者

(2) 司法関係者

(3) 医療関係者

(4) 高浜市地域包括支援センター等運営協議会関係者

(5) 高浜市障害者地域自立支援協議会関係者

(6) 高浜市民生児童委員協議会代表者

(7) 社会福祉法人高浜市社会福祉協議会代表者

(8) 行政関係者

(9) その他市長が必要と認める者

(任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。

2 委員は、再任されることができる。

3 委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選により定める。

3 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

4 副委員長は、委員のうちから委員長が指名する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会においては、委員長が議長となる。

3 委員会は、必要に応じて、委員以外の者の出席を求め、その意見を聴くことができる。

(運営部会等)

第7条 委員会に、権利擁護支援センター運営部会(以下「運営部会」という。)を置く。

2 委員会は、権利擁護支援の推進を図る上で必要と認めるときは、運営部会以外の部会を置くことができる。

3 運営部会及び運営部会以外の部会(以下「運営部会等」という。)の構成員は、委員長が委員の中から指名し、当該指名された委員は、その実務に従事する。

4 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を、運営部会等に出席させることができる。

5 運営部会等に関し必要な事項は、別に定める。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、福祉部福祉まるごと相談グループにおいて処理する。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

1 この要綱は、平成26年9月1日から施行する。

2 この要綱の施行後最初に委嘱又は任命される委員の任期は、第4条第1項の規定にかかわらず、平成28年3月31日までとする。

高浜市権利擁護支援システム推進委員会設置要綱

平成26年9月1日 種別なし

(平成26年9月1日施行)