○高浜市立小中学校関係者評価委員会設置要綱

平成27年4月1日

(設置)

第1条 高浜市立学校管理規則(昭和34年高浜町教育委員会規則第6号)第26条の規定に基づき、高浜市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の所管に属する小学校及び中学校(以下「学校」という。)の教育活動その他の学校運営の状況について評価するため、学校ごとに学校関係者評価委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について調査審議する。

(1) 学校の経営に係る改革方針に関する事項

(2) 学校の自己評価結果及び改善方策に関する事項

(3) その他評価に関し必要な事項

2 委員会は、前項の調査審議の結果を取りまとめ、当該調査審議に係る学校の校長に報告するものとする。

3 委員会は、第1項の調査審議に当たっては、学校における授業等の参観、学校施設等の観察、教職員並びに児童及び生徒との対話の実施等、学校の状況について理解を深めるよう努めるものとする。

(組織)

第3条 委員会は、委員10人以内で組織する。

2 委員は、各学校の校長(以下「校長」という。)の推薦に基づき、教育委員会が委嘱する。

3 校長は、児童及び生徒の保護者並びに別表に掲げる者のうちから委員を推薦する。

4 校長は、前項の規定により委員を推薦しようとするときは、学校関係者評価委員会委員推薦書(様式第1)を教育委員会に提出しなければならない。

5 教育委員会は、前項の推薦書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、当該推薦に係る者に対し委嘱状(様式第2)を交付する。

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱の日から当該委嘱の日の属する年度の3月31日までとする。ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は再任されることができる。

3 教育委員会は、本人の辞任の申し出のほか、特別の事情があると認めた時は、校長の具申により委員を解嘱することができる。

(報酬)

第5条 委員の報酬は、無償とし、費用弁償は行わない。

(委員長及び副委員長)

第6条 委員会に委員長及び副委員長を置き、校長が推薦した者であって委員の承認を得たものをもって充てる。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議の招集)

第7条 委員会の会議は、委員長が招集する。

(関係者の出席等)

第8条 委員会は、その所掌事務に関する事項を調査審議するため必要があると認めるときは、関係者に対して出席を求め、その説明若しくは意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、各学校において処理する。

(秘密の保持)

第10条 委員は、その職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(雑則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

1 教育活動その他の学校運営についての専門家

2 当該学校の学校評議員

3 当該学校に接続する他段階の学校(市内の高等学校を含む。)の教職員又は幼稚園若しくは保育園の関係者

4 当該学校区内の地域住民

5 当該学校区内の企業関係者

6 当該学校区内の青少年育成団体関係者

7 当該学校区内の公民館・町内会・まちづくり協議会関係者

8 当該学校区内の民生委員を代表する者

9 その他校長が特に必要と認める者

画像

画像

高浜市立小中学校関係者評価委員会設置要綱

平成27年4月1日 種別なし

(平成27年4月1日施行)