○飛島村歯と口腔の健康づくり推進条例

平成27年3月19日

条例第5号

(目的)

第1条 この条例は、健康で質の高い生活を営む上で歯と口くうの健康づくりの重要性が増大していることに鑑み、歯科口腔保健の推進に関する法律(平成23年法律第95号。以下「法」という。)の基本理念にのっとり、歯と口腔の健康づくりの推進を図るために必要な事項を定めることにより、歯と口腔の健康に関する格差の解消等を図るとともに、8020はちまるにいまる運動を推進し、村民の健康水準を向上させることで「日本一の健康長寿の村づくり」を目指す飛島村民の健康づくりに寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 歯と口腔の健康づくり (歯科健診、口腔ケア、健康教育、予防対策、食育推進、歯科医療等を含む。)歯と口腔の健康の保持及び増進又はそれらの機能の維持及び向上を図ることをいう。

(2) 歯科医療関係者 歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士その他の歯科に係る健康診査及び健康診断(以下「歯科健診」という。)並びに歯科保健指導又は歯科医療に係る業務に従事する者をいう。

(3) 保健医療福祉関係者 保健、医療、福祉、介護等に係る職務に従事する者であって、歯と口腔の健康づくりに関する業務を行うもの(歯科医療関係者を除く。)をいう。

(4) 教育関係者 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する学校又は専修学校において幼児、児童、生徒、学生及び教職員の歯と口腔の健康づくりに関する指導を行う者をいう。

(5) 8020運動 80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目標とした運動をいう。

(基本理念)

第3条 むし歯や歯周病等の疾患(以下「歯科疾患」という。)が重症化しやすく、かつ、口腔の機能に問題を抱えることが多い障がいを有する者、介護を必要とする者をはじめ、村民が適切な時期に必要な口腔保健サービスと医療を受けられるよう、保健、医療、社会福祉、労働衛生、教育その他の関連施策の有機的な連携を図りながら生涯にわたり、歯と口腔の健康を維持増進できる環境整備を推進する。

2 村民一人ひとりが歯と口腔の健康づくりに関心と理解を深め、日常生活における積極的な取組みと習慣化を促進する。

(村の責務)

第4条 村は、前条に定める基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、保健、医療、社会福祉、労働衛生、教育その他の関係者及び地域と連携を図りながら、村民の歯と口腔の健康づくりに関する総合的な施策の実施に努めるものとする。

(村民の役割)

第5条 村民は、歯と口腔の健康づくりに関する知識と理解を深め、日常生活において歯科疾患の予防及び歯と口腔の健康づくりにおいて望ましい食生活に心がけるとともに、定期的な歯科健診並びに必要に応じた歯科保健指導及び歯科医療を受けるなど村の施策に協力し、生涯にわたって自ら進んで歯と口腔の健康づくりに努めるものとする。

2 保護者は、基本理念にのっとり、その監護する子どもについて第一義的責任を有する者として、歯科疾患の予防及び早期治療、望ましい食生活その他歯と口腔の健康づくりに努めるものとする。

(歯科医療関係者の役割)

第6条 歯科医療関係者は、基本理念にのっとり、村民の歯と口腔の健康づくりの推進のため、相互に緊密な連携を図り、適切にその業務を行うとともに村が実施する歯と口腔の健康づくりに関する施策に協力するよう努めるものとする。

(保健医療福祉関係者及び教育関係者の役割)

第7条 保健医療福祉関係者及び教育関係者は、基本理念にのっとり、村民の歯と口腔の健康づくりの推進に取り組み、その推進に当たっては、他の関係者が行う歯と口腔の健康づくりに関する活動との連携及び協力を図るよう努めるものとする。

(事業者の役割)

第8条 村内に事業所を有する事業者は、基本理念にのっとり、その事業所において雇用する従業員の歯科健診及び保健指導(以下「歯科健診等」という。)の機会の確保その他の歯と口腔の健康づくりに関する取組みに努めるものとする。

(基本的な計画)

第9条 村は、歯と口腔の健康づくりを継続的かつ効果的に推進するため、法第12条に規定する歯科口腔保健の推進に関する基本的事項を踏まえ、健康増進法(平成14年法律第103号)第8条第2項の規定に基づく健康増進計画、食育基本法(平成17年法律第63号)第18条第1項に基づく食育推進基本計画並びに愛知県の歯科口腔計画との調和及び連携に配慮し、施策についての必要な目標を定めるものとする。

(基本的施策)

第10条 村は、基本理念の実現に向け、村民の歯と口腔の健康づくりを推進するため、次に掲げる施策を実施するものとする。

(1) 村民の歯と口腔の健康づくりに必要な情報提供、知識及び技術の普及啓発に関すること。また、障がいを有する者、介護を必要とする者その他定期的に歯と口腔の健康づくりに参加することが困難な者、妊産婦、乳幼児、高齢者への適切な歯と口腔の健康づくりに関する施策の提供体制の確保及び関係者の連携体制の構築に関すること。

(2) 8020運動の推進及び村民が定期的に歯科健診を受ける等の勧奨その他必要な施策に関すること。

(3) 村民、地域、関係機関等村全体が一体となって歯と口腔の健康づくりを推進するための体勢の整備及び連携体制の構築に関すること。

(4) 村長、村教育委員会及び関係者が行う母子保健、学校保健、成人保健、産業保健、高齢者保健等を通じた生涯にわたる効果的な歯と口腔の健康づくりの推進に関すること。

(5) 乳幼児期及び学齢期におけるフッ化物塗布、フッ化物洗口等の科学的根拠に基づく歯科疾患の予防対策等の効果的な実施に関すること。

(6) 歯と口腔の健康づくりの観点に基づく食育と生活習慣病予防の推進に関すること。

(7) 歯科疾患の予防及び重症化を防止するための取組みに関すること。

(8) 歯科在宅医療及び歯科訪問診療における各関係機関等との連携体制の構築に関すること。

(9) 災害発生時における歯科医療の提供体制の確保に関すること。

(10) 児童虐待、高齢者虐待の早期発見のため、歯科医療機関等との連携及び関係者の資質向上に関すること。

(11) 歯と口腔の健康づくりを効果的に実施するための情報収集及び調査研究に関すること。

(12) 前各号に掲げるもののほか、村民の歯と口腔の健康づくりを推進するために必要な施策に関すること。

(財政上の措置)

第11条 村は、歯と口腔の健康づくりに関する施策を推進するために必要となる財政上の措置を講ずるよう努めるものとする。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

飛島村歯と口腔の健康づくり推進条例

平成27年3月19日 条例第5号

(平成27年3月19日施行)