○戸田市出納員その他の会計職員の使用する領収印に関する規程

平成8年11月14日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、戸田市の出納員及びその他の会計職員が戸田市の歳入及び歳入歳出外現金(以下「公金」という。)の収入に際し、領収の証として納入者に交付する領収書が真正であることを認証するために使用する領収印(以下「領収日付印」という。)の形式、寸法、使用等について必要な事項を定めるものとする。

2 この訓令において「その他の会計職員」とは、戸田市会計規則(平成元年規則第2号)第3条に規定する現金取扱員で出納員から公金の収納について委任を受けた者並びに規則に定める経理員及び分任出納員をいう。

(領収日付印の名称等)

第3条 領収日付印の名称、寸法、ひな形、使用区分及び管理者は、別表のとおりとする。

(領収日付印の押印)

第4条 出納員及びその他の会計職員は、公金を受領し、当該受領した公金に係る領収書を納入者に交付するときでなければ、領収書に領収日付印を押印してはならない。

(領収日付印の保管)

第5条 管理者は、領収日付印の保管に当たってはその保管場所に錠を施す等十分な注意を払わなければならない。

(領収日付印の新調及び廃止)

第6条 出納員は、当該出納員及び所属するその他の会計職員(以下「当該出納員等」という。)が使用する第3条の領収日付印を新調又は廃止するときは会計課長に合議し、会計管理者の決裁を受けなければならない。

2 出納員は、当該出納員等が異動又は退職により領収日付印を使用する必要がなくなったときは、当該出納員等に係る領収日付印を廃止しなければならない。

(領収日付印の登録)

第7条 出納員は、前条の規定により領収日付印を新調又は廃止したときは、領収日付印登録台帳(別記様式)にその旨を登録しなければならない。

(領収日付印の事故届)

第8条 出納員は、当該出納員等が使用する領収日付印に関し盗難その他の事故が生じたときは、直ちに会計管理者に報告しなければならない。

(領収日付印の保管等の調査)

第9条 会計課長は、必要があると認めたときは、出納員その他の会計職員が使用する領収日付印の保管、使用その他当該領収日付印に関し調査及び指導することができる。

(適用除外)

第10条 この訓令は、戸田市公印規程(昭和36年訓令第4号)に定める公印を用いて作成する領収書及びレジスターを用いて作成する領収書には適用しない。

附 則

この訓令は、平成9年1月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第14号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第6号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

名称

寸法

(ミリメートル)

ひな形

使用区分

管理者

戸田市出納員領収印

画像

画像

公金収入用

出納員

戸田市経理員領収印

同上

画像

同上

出納員から委任を受けた経理員

戸田市分任出納員領収印

同上

画像

同上

出納員から委任を受けた分任出納員

戸田市現金取扱員領収印

同上

画像

同上

出納員から委任を受けた現金取扱員

画像

戸田市出納員その他の会計職員の使用する領収印に関する規程

平成8年11月14日 訓令第5号

(平成24年4月1日施行)