○砺波市老人等デイサービス事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第27号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅の要援護高齢者及び身体障害者に対し、老人デイサービスセンターにおいて通所により各種のサービスを提供すること(以下「デイサービス事業」という。)によってこれらの者の生活の助長、社会的孤立感の解消及び心身機能の維持向上を図るとともに、その家族の身体的及び精神的な負担の軽減を図ることを目的とする。

(事業の内容)

第2条 デイサービス事業の内容は、次のとおりとする。

(1) 生活指導

(2) 日常動作訓練

(3) 養護

(4) 家族介護者教室

(5) 健康チェック

(6) 送迎

(7) 入浴サービス

(8) 給食サービス

(9) 前各号に掲げるもののほか、事業の実施目的を達成するために必要な事業

(実施施設)

第3条 デイサービス事業は、砺波市デイサービスセンター及び第9条の規定により委託した社会福祉法人が設置するデイサービスセンターにおいて実施する。

(事業の対象者)

第4条 この事業の利用対象者は、本市に住所を有するおおむね65歳以上の高齢者及び65歳未満の身体障害者とし、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第19条の規定による要介護認定において自立と認定された者であって、デイサービス事業による各種のサービスを受けることが適当であると砺波市社会福祉事務所長(以下「事務所長」という。)が認めた者

(2) 身体障害者等で日常生活を営むのに支障があって、デイサービス事業による各種サービスを受けることが適当であると事務所長が認めた者

(3) ひとり暮らし等であって、デイサービス事業による各種サービスを受けることが適当であると事務所長が認めた者

(4) 前3号に掲げる者のほか、事務所長が必要と認めた者

(利用の申請)

第5条 デイサービス事業を利用しようとする者は、別に定める利用申請書を事務所長に提出するものとする。

(利用の決定)

第6条 事務所長は、前条の申請を受けたときは、当該申請についてその必要性及び内容を審査し、提供するサービスの適否を決定するものとする。

(利用回数)

第7条 利用回数は、おおむね1人週2回以内とし、利用対象者の希望、身体的状況、家族の状況等を勘案して決定するものとする。

(利用者の負担)

第8条 デイサービス事業を利用したときは、次のとおり、デイサービス事業を利用した者が負担すべき額を納めるものとする。

(1) 第4条第2号の利用者が、介護保険施設等を相互利用としてデイサービス事業を利用したときは、身体障害者福祉法に基づく指定居宅支援等に係る利用者負担の額の算定に関する基準(平成15年厚労省告示第41号)に定める額

(2) 第4条第1号第3号及び第4号の利用者がデイサービス事業を利用したときは、別表に定める額

(委託)

第9条 市長は、デイサービス事業の一部を当該事業が適切に実施されると認められる社会福祉法人に委託することができるものとする。

(その他)

第10条 この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の砺波市老人等デイサービス事業実施要綱(平成8年砺波市告示第29号)又は庄川町身体障害者デイサービス事業実施要綱(平成15年庄川町告示第7号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月31日告示第75号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

サービスの種類

利用料

給食サービス

640円

入浴サービス

400円

砺波市老人等デイサービス事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第27号

(平成18年4月1日施行)