○砺波市社会福祉活動等傷害見舞金条例施行規則

平成16年11月1日

規則第50号

(見舞金の額)

第2条 条例第3条に基づき規則で定める見舞金の額は、別表に定めるとおりとする。

(届出)

第3条 条例第4条の規定により見舞金の支給を受けようとする者は、傷害状況届(別記様式)に医師の診断書(死亡した場合は、死亡診断書又は検索書)を添えて市長に提出するものとする。

(支給の決定)

第4条 条例第5条に基づく見舞金の支給の決定は、前条の規定により提出された傷害状況届及び添付書類の審査並びに市長が必要に応じて行う関係者からの意見の聴取又は必要な書類の提出により行うものとする。

(その他)

第5条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の砺波市社会福祉活動等傷害見舞金条例施行規則(昭和57年砺波市規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第2条関係)

傷害の程度

金額

死亡した場合(傷害を受けたときから6箇月以内に死亡した場合を含む。)

2,500,000

災害弔慰金の支給等に関する法律(昭和48年法律第82号)別表に掲げる程度の障害がある場合

1,250,000

6箇月以上の治療を要する傷害を受けた場合

400,000

3箇月以上6箇月未満の治療を要する傷害を受けた場合

200,000

1箇月以上3箇月未満の治療を要する傷害を受けた場合

100,000

10日以上1箇月未満の治療を要する傷害を受けた場合

30,000

画像

砺波市社会福祉活動等傷害見舞金条例施行規則

平成16年11月1日 規則第50号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成16年11月1日 規則第50号