○砺波市子育て支援センター事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第32号

(目的)

第1条 この要綱は、子育て支援センター事業(以下「事業」という。)を実施することにより、地域の子育て家庭に対する育児支援を行うことを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、砺波市とする。ただし、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第35条第4項の認可を受けた保育所に委託することができる。

(事業の対象地域及び対象者)

第3条 事業の対象地域は、市内全域とし、子育て家庭を対象とする。

(名称及び位置)

第4条 事業を実施する砺波市子育て支援センター(以下「支援センター」という。)の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

砺波市北部子育て支援センター

砺波市林1086番地

砺波市太田子育て支援センター

砺波市太田985番地

砺波市庄川子育て支援センター

砺波市庄川町青島3374番地2

砺波市出町子育て支援センター

砺波市表町18番3号

砺波市南部子育て支援センター

砺波市鹿島153番地

(職員の配置)

第5条 支援センターには、事務を掌理し、所属職員を指揮監督する所長、地域の子育て家庭の支援活動の企画、調整及び実施を専門に担当する子育て指導者(以下「指導者」という。)及びその補助的業務を行う担当者(以下「担当者」という。)を置く。

2 指導者は、児童の育児及び保育に関する相談指導等について相当の知識及び経験を有し、各種福祉施策についても知識を有している保育士とする。

3 担当者は、児童の育児及び保育に関する相談指導等について相当の知識及び経験を有する保育士等とする。

4 指導者及び担当者のほかに、児童の育児及び保育に関する相談指導等について相当の知識及び経験を有する相談員を置くことができる。

(事業の内容)

第6条 支援センターは、次の事業を実施するものとする。

(1) 育児不安等についての相談指導

地域の子育て家庭(これから子育てを始める家庭を含む。)の保護者、児童等(以下「子育て家庭」という。)に対する相談指導を行うとともに、各種子育てに係る情報の提供及び援助を行う事業

(2) 子育てサークル等の育成及び支援

子育てサークル活動等を行う者の育成及び支援を積極的に行う事業

(3) 特別保育事業等の実施支援

地域の保育需用に応じた乳児保育や特別保育事業を地域内の保育所と連携を図り積極的に行う事業

(4) ベビーシッターなど地域の保育資源の情報提供等

地域の保育資源の活動状況を把握して、子育て家庭に対して、様々な保育サービスに関する適切な情報を提供し、また、必要に応じて紹介を行う事業

(関係機関との連携)

第7条 支援センターは、事業の実施について、地域内の保育所、高岡児童相談所、砺波厚生センター、健康センター、民生・児童委員、医療機関等と連携を密にし、事業が円滑かつ効果的に行われるよう努めるものとする。

(その他)

第8条 この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月29日告示第60号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日告示第45号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月14日告示第26号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月16日告示第28号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

砺波市子育て支援センター事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第32号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第32号
平成19年3月29日 告示第60号
平成24年3月30日 告示第45号
平成28年3月14日 告示第26号
平成29年3月16日 告示第28号