○砺波市児童館条例施行規則

平成16年11月1日

規則第56号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市児童館条例(平成16年砺波市条例第93号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用手続)

第2条 児童館を利用しようとする者は、児童館利用簿(様式第1号)に必要な事項を記入しなければならない。

2 児童館を団体で利用しようとするときは、児童館利用申込書(様式第2号)によりあらかじめ市長の許可を受けなければならない。

3 市長は、前項の許可をしたときは、利用承認書(様式第3号)を交付する。

(運営委員会)

第3条 条例第15条に規定する砺波市児童館運営委員会(以下「運営委員会」という。)は、委員20人以内をもって組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 学識経験を有する者

(2) 関係行政機関の職員

(3) 民生児童委員

(4) 社会福祉協議会の役職員

(5) 児童クラブ、母親クラブ等の児童育成組織指導者

3 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第4条 運営委員会に会長及び副会長それぞれ1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選とする。

3 会長は、運営委員会を代表し、会務を掌理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代行する。

(会議)

第5条 運営委員会は、会長が招集し、会議の議長となる。

2 運営委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

(庶務)

第6条 運営委員会の庶務は、教育委員会こども課において処理する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、児童館の管理運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の砺波市児童館条例施行規則(昭和56年砺波市規則第2号)又は庄川町立児童館管理規則(平成13年庄川町規則第23号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月31日規則第21号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第20号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

砺波市児童館条例施行規則

平成16年11月1日 規則第56号

(平成19年4月1日施行)