○砺波市おむつ支給事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第41号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅の要介護高齢者等に対し、おむつを支給することにより、介護者の身体的、精神的及び経済的負担の軽減を図り、高齢者及び心身障害者の福祉の向上に寄与することを目的とする。

(対象者)

第2条 おむつ支給の対象者(以下「対象者」という。)は、市内に住所を有する者で、常時おむつを使用し、かつ、おむつの着脱に介助を要するもので次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 厚生労働省基準に定める障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)B2以上又は認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲa以上の65歳以上の者

(2) 重度身体障害者(児)(身体障害者手帳1級又は2級を所持する者)

(3) 重度知的障害者(児)(療育手帳Aを所持する者)

(支給の申請)

第3条 おむつの支給を受けようとする者は、おむつ支給申請書を市長に提出しなければならない。

(支給の決定)

第4条 市長は、前条の規定による申請があったときは、速やかに支給の可否を決定し、申請者に通知するものとする。

(支給の方法)

第5条 おむつは、月額7,500円を限度に現物で支給する。

2 おむつの支給は、配達により行う。

3 前項に定める配達は、市長が指定した業者に委託するものとする。

(費用の負担額等)

第6条 おむつの支給を受ける者(以下「受給者」という。)は、支給に要した費用の3分の1に相当する額を負担するものとする。

2 前項に定める費用額は、受給者が業者に直接支払うものとする。

(異動の届出)

第7条 対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに市長に届け出なければならない。

(1) 死亡又は市外に転出したとき。

(2) 入院又は福祉施設等に入所したとき。

(3) 第2条の要件を満たさなくなったとき。

(その他)

第8条 この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の砺波市おむつ支給事業実施要綱(昭和62年砺波市告示第32号)又は庄川町おむつ支給事業実施要綱(平成13年庄川町告示第167号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年7月22日告示第103号)

この告示は、公表の日から施行する。

砺波市おむつ支給事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第41号

(平成17年7月22日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 高齢者福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第41号
平成17年7月22日 告示第103号