○砺波市高齢福祉推進員設置事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第53号

(目的)

第1条 この要綱は、寝たきり又はひとり暮らし老人等で援護を必要とするものが地域で安心して生活できるように、砺波市高齢福祉推進員(以下「推進員」という。)を設置することにより、常に暖かく見守る地域ぐるみの支援体制を確立し、高齢者等の福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、市内に在住するおおむね65歳以上の在宅の寝たきり又はひとり暮らし老人で、援護を必要とするもの(以下「ひとり暮らし老人等」という。)とする。

(推進員)

第3条 推進員は、高齢者の福祉増進に熱意を有し、かつ、心身ともに健全な近隣の者で、随時訪問できるものを市長が委嘱するものとする。

(推進員の業務内容)

第4条 推進員の行う業務は、次に掲げるものとする。

(1) 安否の確認及び孤独感の解消のため、ひとり暮らし老人等の自宅を訪問すること。

(2) 市長や民生委員との連携を確保し、情報提供を行うこと。

(3) 援護を必要とする者の要求を把握し、各種福祉サービスの利用について啓発を行うこと。

(4) 疾病その他連絡の必要があると認める状態を知ったときは、直ちに市長又は民生委員等に連絡し、適切な措置を要請すること。

(委嘱期間)

第5条 推進員の委嘱期間は、原則として2年とする。ただし、後任の推進員の委嘱期間は、前任者の残任期間とする。

(手当等の支給)

第6条 推進員には、予算に定める範囲内において手当を支給する。

(委嘱の解除)

第7条 市長は、推進員が次の各号のいずれかに該当する場合には、当該推進員の委嘱を解除することができる。

(1) 健康上等の理由により辞退の申出があった場合

(2) 前号に掲げる場合のほか、市長が必要と認めた場合

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

砺波市高齢福祉推進員設置事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第53号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 高齢者福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第53号