○砺波市訪問看護及び介護予防訪問看護に関する条例

平成16年11月1日

条例第107号

(趣旨)

第1条 この条例は、市が行う訪問看護及び介護予防訪問看護の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において「訪問看護」とは、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第78条第1項に規定する指定訪問看護、健康保険法(大正11年法律第70号)第88条第1項に規定する指定訪問看護及び介護保険法(平成9年法律第123号)第8条第4項に規定する訪問看護をいう。

2 この条例において「介護予防訪問看護」とは、介護保険法第8条の2第3項に規定する介護予防訪問看護をいう。

(利用対象者)

第3条 訪問看護又は介護予防訪問看護を受けることのできる者は、高齢者の医療の確保に関する法律、健康保険法、介護保険法その他の法律(以下「医療保険等」という。)の規定による訪問看護又は介護予防訪問看護に関する給付を受けることができるものとする。

(利用の承認)

第4条 訪問看護又は介護予防訪問看護を受けようとする者は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

(利用の不承認)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者については、前条の承認をせず、又はその承認を取り消すものとする。

(1) 感染性疾患を有すると認められる者

(2) 入院治療が必要と認められる者

(3) 適切な訪問看護又は介護予防訪問看護を提供することが困難であると認められる者

(利用料)

第6条 訪問看護又は介護予防訪問看護を受けた者は、医療保険等の規定に基づく基本利用料又は一部負担金及びその他の利用料を納付しなければならない。

2 市長は、特に必要があると認めるときは、前項の利用料等を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の砺波市訪問看護実施条例(平成8年砺波市条例第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日条例第17号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月25日条例第15号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

砺波市訪問看護及び介護予防訪問看護に関する条例

平成16年11月1日 条例第107号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 病院事業
沿革情報
平成16年11月1日 条例第107号
平成18年3月27日 条例第17号
平成20年3月25日 条例第15号
平成27年3月19日 条例第3号