○砺波市斎場条例

平成16年11月1日

条例第116号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、斎場の設置及び管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 斎場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 砺波市斎場

位置 砺波市徳万五十浜52番地1

(使用許可)

第3条 砺波市斎場を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(使用許可の取消し)

第4条 市長は、使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、この条例又はこの条例に基づく規則 に違反したときは、その許可を取り消すことができる。

(使用料)

第5条 第3条の規定により使用の許可を受けた者は、別表に定める使用料を前納しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 市長は、死亡者若しくは使用者が生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けている者又はその他特別の事由があると認める者に対しては、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第7条 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認める場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(損害の賠償)

第8条 使用者は、施設等を損傷したときは、市長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が特にやむを得ない事由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の砺波市斎場条例(昭和59年砺波市規則第21号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年9月18日条例第22号)

この条例は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第12号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

斎場使用料

(単位:円)

区分

種別

単位

使用料

市民

市民以外

火葬炉

12歳以上の死体

1体

15,000

45,000

12歳未満の死体

1体

10,000

30,000

死産児

1体

5,000

15,000

胞衣及び産汚物

1件

5,140

15,420

身体の一部

1件

5,140

15,420

愛玩用小動物

1匹

7,200

21,600

霊安室

24時間

2,060

6,180

備考 この表において「市民」とは、現に砺波市の区域内に住所若しくは本籍を有する者(種別が死体の場合にあっては死亡時における死亡者又は使用者、死産児の場合にあってはその父又は母に限る。)又は現に砺波市の区域内に住所を有する者(種別が胞衣及び産汚物の場合及び身体の一部の場合にあっては本人、愛玩用小動物の場合にあってはその所有者又は占有者に限る。)をいう。

砺波市斎場条例

平成16年11月1日 条例第116号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第3節 墓地・火葬場
沿革情報
平成16年11月1日 条例第116号
平成21年9月18日 条例第22号
平成27年3月19日 条例第12号