○砺波市交通安全教育指導員設置要綱

平成16年11月1日

告示第95号

(趣旨)

第1条 この要綱は、交通安全教育指導員(以下「指導員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(指導員の委嘱)

第2条 指導員は、交通安全意識の高揚と普及に関し熱意と意欲を持ち、心身ともに健全な者のうちから市長が委嘱する。

(定数)

第3条 指導員の定数は、1人とする。

(委嘱期間)

第4条 指導員は常勤とし、その委嘱期間は1年とする。

2 指導員は、再委嘱されることができる。

(指揮監督)

第5条 指導員は、その職務に関し福祉市民部生活環境課長の指揮監督を受けるものとする。

(職務)

第6条 指導員の職務は、次に定めるものとする。

(1) 砺波市内の幼児、児童、生徒及びその保護者、高齢者等を対象とした交通安全教育に関する事項

(2) 砺波市交通安全対策会議に関する事項

(3) 交通安全団体との連絡調整及び関連事務に関する事項

(4) 市民交通傷害保険の受付及び保険請求事務に関する事項

(5) 前各号に掲げるもののほか、交通安全に関し必要な事項

2 指導員は、その職務を効果的に行うため、砺波警察署と連絡を密にし、相互協力を図っていかなければならない。

(研修)

第7条 指導員は、その職務遂行のため、必要な知識及び技術の習得に努めなければならない。

(守秘義務)

第8条 指導員は、職務上知り得た事項の一切について秘密を守らなければならない。その職務を退いた後も、また同様とする。

(勤務時間)

第9条 指導員の勤務時間は、砺波市職員に準ずる。

(休暇)

第10条 指導員は、災害、疾病その他の都合により所定の業務ができないときは、あらかじめ福祉市民部生活環境課長に休暇届を提出するものとする。休暇日数については、市職員に準ずる。

(貸与品)

第11条 指導員の職務遂行に要する被服等は、これを貸与する。ただし、指導員の職を退いたときには、直ちに貸与品を返納しなければならない。

(報償等)

第12条 指導員に対し、予算に定める範囲内において報償等を支給する。

2 旅費については、予算に定める範囲内で支給する。

(その他)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行後、最初に委嘱される指導員の任期は、第4条の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

附 則(平成17年3月25日告示第52号)

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

砺波市交通安全教育指導員設置要綱

平成16年11月1日 告示第95号

(平成17年4月1日施行)