○砺波市消費生活モニター設置要綱

平成16年11月1日

告示第100号

(設置)

第1条 市民から消費生活に関する事柄について、意見、要望、苦情等の提供を受け、行政に反映させるとともに、消費者意識の高揚を図るため、砺波市消費生活モニター(以下「モニター」という。)を設置する。

(委嘱)

第2条 モニターは、関係団体の内申により市長が適当と認める者を委嘱する。

(資格)

第3条 モニターは、市内に居住する20歳以上の者で消費生活について関心と熱意を持っているものとする。

(定数)

第4条 モニターの定数は、24人以内とする。

(任期)

第5条 モニターの任期は、2年とする。ただし、欠員が生じた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

2 モニターは、再任されることができる。

(職務)

第6条 モニターは、次に掲げる職務を行う。

(1) 消費生活上の意見、要望、苦情等の情報を随時、市に提供すること。

(2) 地域の消費生活に伴う物品、サービスについてのトラブルを市に通報すること。

(3) 市、県及び関係団体が主催する研修会、講習会等に出席すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市が必要とする調査に協力すること。

(報償)

第7条 モニターの報償は、予算の範囲内でこれを支給する。

(事務局)

第8条 モニターに関する事務を処理するため、福祉市民部生活環境課内に事務局を置く。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

砺波市消費生活モニター設置要綱

平成16年11月1日 告示第100号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第8編 生/第6章 市民生活/第5節 その他
沿革情報
平成16年11月1日 告示第100号