○砺波市農業経営士認定要綱

平成16年11月1日

告示第109号

(趣旨)

第1条 この要綱は、砺波市農業発展のため将来の地域農業を担う中核的農業経営者又は生産組織経営体を育成し、これらの人が先駆的農業者としての誇りと自覚の下に高い社会的評価を保って活動し、さらに農業青年に将来への励みと目標を与えるよう砺波市農業経営士を認定するため必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 砺波市農業経営士(以下「農業経営士」という。)の認定は、次に掲げる要件に該当する者を対象とする。

(1) 農業の自立経営を行っているか又は農業の自立経営を目指し、農業に意欲的な者であること。

(2) 農業技術、農業経営管理能力、農家生活及び農業経営成果が一定水準以上の者であること。

(3) 農業の発展に対する貢献度及び社会的信頼度が高い者であること。

(農業経営士の役割)

第3条 農業経営士の役割は、次のとおりとする。

(1) 農業の発展及び地域社会活動の推進者としての役割

(2) 農業青年及びこれらで組織するグループの優れた指導者としての役割

(3) 市農業行政への提言及び農業振興協力者としての役割

(措置)

第4条 市は、農業経営士に対し、次に掲げる措置を行う。

(1) 農業経営士の活動を促進するための情報の提供及び研修会の実施

(2) 認定された者のうちから、国内の農業先進地の研修のための派遣

(3) 各種農業制度資金の優先的貸付け及びその利子補給

(4) 砺波市農業委員会の行う農用地移動の優先的あっせん等

(候補者の推薦及び認定)

第5条 農業関係指導機関で組織する砺波市農業技術協議会(以下「協議会」という。)は、農業経営士として適当と認められる者を選考し、次の書類を添えて市長に推薦する。

(1) 農業経営士候補者推薦書 (様式第1号)

(2) 身上調書 (様式第2号)

(3) 経営調書 (様式第3号)

(4) 農業経営士認定に関する意見書 (様式第4号)

2 市長は、協議会の推薦に基づき審査し、農業経営士として適当と認めた場合は、農業経営士認定候補者同意書(様式第5号)により当該候補者の同意を得た後、認定書(様式第6号)を交付することにより認定する。

(認定の取消し又は消滅)

第6条 市長は、農業経営士として認定した者が次のいずれかに該当したときは、協議会の同意を得て認定を取り消すことができる。

(1) 本人が農業経営士辞退願(様式第7号)の提出をしたとき。

(2) 農業経営士が第2条の要件を欠いたとき。

(3) 農業経営士としてふさわしくない行為があったとき。

(庶務)

第7条 農業経営士に係る庶務は、商工農林部農業振興課において処理する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、認定に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の砺波市農業経営士認定要綱(昭和53年砺波市告示第2号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

砺波市農業経営士認定要綱

平成16年11月1日 告示第109号

(平成16年11月1日施行)