○となみ散居村ミュージアム条例施行規則

平成18年3月27日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、となみ散居村ミュージアム条例(平成18年砺波市条例第6号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用許可申請)

第2条 条例第8条の規定により、となみ散居村ミュージアム(以下「ミュージアム」という。)の利用の許可を受けようとする者(以下「利用者」という。)は、となみ散居村ミュージアム利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。ただし、民具館への入館を除く。

2 前項の申請書は、利用日の属する月の3月前から利用日の1週間前までの間に提出しなければならない。ただし、指定管理者が施設の利用に支障がないと認めるときは、この限りでない。

3 第1項の申請書の記載事項のうち、利用日時を変更しようとする者は、利用日の5日前までに指定管理者の許可を受けなければならない。

4 申請に係る利用の許可の順位は、申請の順序による。

(利用の許可等)

第3条 指定管理者は、施設の利用を許可したときは、となみ散居村ミュージアム利用許可書(様式第2号)を利用者に交付するものとする。

(利用期間)

第4条 ミュージアムの利用期間は、同一の内容で引き続いて7日以上の利用をすることができない。ただし、指定管理者が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(利用料金の減免)

第5条 市長は、条例第13条の規定により指定管理者が利用料金の減免基準を定めようとする場合において、別表に定める減免範囲及び減免割合に適合すると認めるときは、これを承認するものとする。

2 前項の場合において、条例別表第2の備考第1項から第3項までに規定する加算料金は、市長が特に必要と認めるものを除き、減免しない。

3 利用料金の減免を受けようとする者は、あらかじめとなみ散居村ミュージアム利用料金減免申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。ただし、入館料については、口頭又は提示の方法により申し込むことができる。

4 指定管理者は、前項の申請を承認したときは、となみ散居村ミュージアム利用料金減免決定通知書(様式第4号)を当該申請者に交付するものとする。

(利用料金の還付)

第6条 条例第14条の規定による利用料金の還付の割合は、次に掲げる額とする。

(1) 条例第14条第1項第1号に該当するとき 100分の100

(2) 条例第14条第1項第2号に該当するとき 100分の50

2 利用料金の還付を受けようとする者は、となみ散居村ミュージアム利用料金還付申請書(様式第5号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、前項の申請を承認したときは、となみ散居村ミュージアム利用料金還付決定通知書(様式第6号)を当該申請者に交付するものとする。

(利用時間の延長)

第7条 利用者は、やむを得ない理由により、許可を受けた利用時間帯を超えて施設、附属設備等を利用する必要があるときは、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(利用の取消し)

第8条 利用者は、利用の取消しをしようとするときは、となみ散居村ミュージアム利用取消届出書(様式第7号)に第3条に規定する利用許可書を添えて、利用日の5日前までに指定管理者に提出しなければならない。

(特別の設備等の設置)

第9条 利用者は、条例第15条に規定する特別の設備をし、又は備付けの器具以外の器具を搬入して利用しようとするときは、となみ散居村ミュージアム利用許可申請書にその旨の明細書を添付しなければならない。

(利用者の遵守事項)

第10条 利用者は、ミュージアムの利用に当たっては、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで広告類を掲示し、又は配布しないこと。

(2) 許可を受けないで物品を販売し、又は金品の寄附、募集等の行為をしないこと。

(3) 建物設備、器材器具その他工作物を損傷し、又は汚損しないこと。

(4) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 許可を受けないで備品を備付けの場所以外に持ち出さないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、ミュージアムの管理上支障があると認められる行為をしないこと。

(運営委員会)

第11条 条例第21条に規定するとなみ散居村ミュージアム運営委員会(以下「運営委員会」という。)は、委員10人以内をもって、組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 学識経験を有する者

(2) 関係行政機関の職員

3 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第12条 運営委員会に会長及び副会長1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選とする。

3 会長は、委員会を代表し、会務を掌理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

(会議)

第13条 運営委員会は、会長が招集し、会長が議長となる。

(庶務)

第14条 運営委員会の庶務は、ミュージアム事務局において行う。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、ミュージアムの管理運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年5月19日規則第31号)

この規則は、平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第6号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後のとなみ散居村ミュージアム条例施行規則(以下「改正後の規則」という。)第5条及び第6条の規定は、この規則の施行の日以後の利用に係る使用料の減免及び還付(以下「減免等」という。)について適用し、同日前の利用に係る使用料の減免等については、なお従前の例による。

3 改正後の規則の規定に基づく使用料の減免等その他の手続きは、施行の日前においても、改正後の規則の規定の例により行うことができる。

附 則(平成28年3月29日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にこの規則による改正前のとなみ散居村ミュージアム条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則による改正後のとなみ散居村ミュージアム条例施行規則の規定によりなされたものとみなす。

別表(第5条関係)

区分

減免範囲

減免割合

利用料金

散居村の保全及び創造に関する活動に利用するとき

100分の100

農村文化及び伝統文化の継承に関する活動に利用するとき

100分の100

その他特別な理由があると市長が認めるとき

市長が定める割合

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

となみ散居村ミュージアム条例施行規則

平成18年3月27日 規則第3号

(平成28年4月1日施行)