○砺波市地域包括支援センター条例施行規則

平成18年3月31日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市地域包括支援センター条例(平成17年砺波市条例第5号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、砺波市地域包括支援センター(以下「包括支援センター」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(サブセンター)

第2条 包括支援センターは、条例第5条に規定する事業(以下「包括的支援事業等」という。)を実施するため包括支援センターサブセンター(以下「サブセンター」という。)を設置する。

2 サブセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

総合病院地域包括支援センター

砺波市新富町1番61号

砺波市地域包括支援センター南部サブセンター

砺波市苗加824番地1

砺波市地域包括支援センター北部サブセンター

砺波市林1202番地

砺波市地域包括支援センター庄東サブセンター

砺波市安川297番地

砺波市地域包括支援センター庄川サブセンター

砺波市庄川町青島401番地

(協力機関への委託)

第3条 包括支援センターは、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第20条の7の2第1項に規定する老人介護支援センターを設置する法人を協力機関とし、住民の身近な相談窓口、一人暮らし等高齢者世帯の把握及び認知症高齢者の早期発見等を委託するものとする。

(指定介護予防支援)

第4条 包括支援センターが、介護保険法(平成9年法律第123号)第115条の23第3項の規定に基づき委託する指定介護予防支援は、介護予防サービス計画作成業務とする。

(研修等の実施)

第5条 包括支援センターは、砺波地方介護保険組合(以下「介護保険組合」という。)とともに、介護保険組合が所轄し砺波市内に住所を有する居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員に現任研修を実施する等ケアマネジメント力の向上を図るために必要な措置を講じる。

(高齢者保健福祉計画の推進)

第6条 包括支援センターは、高齢者保健福祉計画に基づき高齢者及び家族又は保健、福祉及び医療の各関係機関又は介護サービス業者、民生委員及びボランティア活動団体などと連絡を図り、声かけや安否確認等を行い、安心して暮らせる地域づくりを推進する。

(その他)

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第12号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第5号)

この規則は、平成21年5月1日から施行する。

附 則(平成26年9月22日規則第18号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

砺波市地域包括支援センター条例施行規則

平成18年3月31日 規則第23号

(平成26年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保険・医療制度/第2節 介護保険
沿革情報
平成18年3月31日 規則第23号
平成19年3月30日 規則第12号
平成21年3月30日 規則第5号
平成26年9月22日 規則第18号