○砺波市庄川健康プラザ条例施行規則

平成18年9月22日

規則第37号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市庄川健康プラザ条例(平成18年砺波市条例第36号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の許可)

第2条 条例第7条の規定により、砺波市庄川健康プラザ(以下「プラザ」という。)の利用許可を受けようとする者は、利用日(利用しようとする日が引き続き2日以上であるときは、その初日)の属する月の3月前から利用日の1週間前までの間に庄川健康プラザ利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出して庄川健康プラザ利用許可書(様式第2号)の交付を受けなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、条例第3条第1号に掲げる施設を個人で利用しようとする者は、利用の際に口頭で申し出て、利用券(様式第3号)の交付を受けることにより当該手続に代えるものとする。

3 申請に係る利用の許可の順位は、申請の順序による。

(利用の許可事項の変更及び取消し)

第3条 前条第1項の規定によりプラザの利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が利用の許可事項を変更し、取消ししようとするときは、利用日の5日前までに市長の許可を受けなければならない。

(使用料の減免)

第4条 条例第13条の規定により使用料の減免を受けようとする利用者は、あらかじめ庄川健康プラザ使用料減免申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請を承認したときは、庄川健康プラザ使用料減免決定通知書(様式第5号)を当該申請者に交付するものとする。

(使用料の還付)

第5条 条例第14条の規定により使用料の還付を受けようとする利用者は、庄川健康プラザ使用料還付申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請を承認したときは、庄川健康プラザ使用料還付決定通知書(様式第7号)を当該申請者に交付するものとする。

(利用の遵守事項)

第6条 利用者は、プラザの利用に当たっては、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外に立ち入らないこと。

(2) 施設等を損傷し、又は汚損するおそれのある行為をしないこと。

(3) 騒音又は大声を発する等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 指定した場所以外で飲食し、又は喫煙しないこと。

(5) 許可を受けないで広告類を掲示し、若しくは配布し、又は物品の販売若しくは展示その他これに類する行為をしないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、プラザの管理上支障があると認める行為をしないこと。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、プラザの管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年10月1日から施行する。

(砺波市健康センター条例施行規則の一部改正)

2 砺波市健康センター条例施行規則(平成16年砺波市規則第81号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

砺波市庄川健康プラザ条例施行規則

平成18年9月22日 規則第37号

(平成18年10月1日施行)