○砺波市延長保育事業実施要綱

平成19年3月23日

教育委員会告示第4号

(目的)

第1条 この要綱は、砺波市保育所条例(平成16年砺波市条例第92号)に定める砺波市立保育所又は砺波市認定こども園条例(平成29年砺波市条例第1号)に定める砺波市立認定こども園において、子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号)第4条第1項に規定する区分により保育の利用について認定を受けた保育必要量(以下「認定を受けた保育必要量」という。)を超えた保育の利用(以下「延長保育」という。)を実施することにより、児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(実施保育所及び認定こども園)

第2条 延長保育を実施する保育所及び認定こども園は、教育長が指定した保育所及び認定こども園とする。

(対象児童)

第3条 延長保育の実施の対象となる児童は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 保護者等の就労形態等により認定を受けた保育必要量を超えて保育を利用する児童

(2) 保護者等の傷病又は入院等で緊急又は一時的に保育を利用する児童

(事業の実施)

第4条 延長保育の実施に必要な事項は、次のとおりとする。

(1) 延長保育の実施を担当する保育士として2人以上及び対象児童数に応じて必要となる職員を配置するものとする。

(2) 対象児童には、適宜、間食を提供するものとする。

(3) 日々の対象児童の受入れは、保育需要に応じて弾力的に対応するものとする。

(利用日及び時間)

第5条 延長保育の実施は、砺波市保育所条例施行規則(平成19年砺波市教育委員会規則第2号)第8条又は砺波市認定こども園条例施行規則(平成29年砺波市教育委員会規則第3号)第7条に規定する休所日又は休園日を除いた日のうち、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める時間とする。

(1) 認定を受けた保育必要量が1日当たり11時間まで(以下「保育標準時間」という。)の者 午前7時から午前7時30分まで及び午後6時30分から午後7時までの時間

(2) 認定を受けた保育必要量が1日当たり8時間まで(以下「保育短時間」という。)の者 午前7時から午前8時30分まで及び午後4時30分から午後7時までの時間

(申込み手続)

第6条 延長保育の実施を受けようとする児童の保護者は、延長保育申込書(別記様式)を教育長に提出しなければならない。

(費用の徴収)

第7条 教育長は、延長保育の実施を受ける児童の保護者から、延長保育に係る費用の一部として、次の表のとおり金額を徴収するものとする。

区分

単位

金額

保育標準時間の者

午前7時から午前7時30分までの保育の実施

1日

100円

午後6時30分から午後7時までの保育の実施

1日

100円

保育短時間の者

午前7時から午前7時30分までの保育の実施

1日

100円

午前7時30分から午前8時30分までの保育の実施

1日

100円

午後4時30分から午後6時30分までの保育の実施

1日

1時間100円

午後6時30分から午後7時までの保育の実施

1日

100円

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月25日教委告示第5号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月28日教委告示第4号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

画像

砺波市延長保育事業実施要綱

平成19年3月23日 教育委員会告示第4号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年3月23日 教育委員会告示第4号
平成27年3月25日 教育委員会告示第5号
平成29年3月28日 教育委員会告示第4号