○砺波市営駐車場条例施行規則

平成25年6月26日

規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市営駐車場条例(平成16年砺波市条例第123号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の手続)

第2条 条例第2条に掲げる砺波駅南駐車場及び砺波駅南第2駐車場(以下「駅南駐車場」という。)を使用する者(以下「使用者」という。)は、自動車を入場するときは駐車券発行機から駐車券(様式第1号)を受け取り、出場するときは自動料金精算機に当該駐車券を挿入し、当該自動料金精算機が表示する使用料の額を納付するものとする。

(駐車券の紛失)

第3条 駐車券を紛失した使用者は、駐車券紛失届(様式第2号)を市長に提出するものとする。

(使用料の特例)

第4条 条例第7条の規則で定める公共交通機関は、西日本旅客鉄道株式会社が経営する公共交通機関とする。

2 条例第7条の規則で定める割合及びその要件については、次のとおりとする。

割合

要件

100分の80

市が設置する認証機により、公共交通機関を利用した旨の情報を駐車券に書き込む処理がなされていること。

附 則

この規則は、平成25年10月1日から施行する。

画像

画像

砺波市営駐車場条例施行規則

平成25年6月26日 規則第26号

(平成25年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第6章 市民生活/第2節 交通対策
沿革情報
平成25年6月26日 規則第26号