○砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金交付要綱

平成26年6月1日

告示第76号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地球温暖化の防止に向けた省エネルギーを推進するとともに、地球環境保全意識の醸成と維持管理費の軽減を図るため、自治会等が所有する防犯灯のLED化等に要する経費に対して、砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、砺波市補助金等交付規則(平成16年砺波市規則第31号。以下「規則」という。)第26条の規定に基づき、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(2) LED防犯灯 光源に発光ダイオードを使用した防犯灯をいう。

(3) 既設非LED防犯灯 設置要綱第7条の規定に基づき、市が電気料金を負担している防犯灯のうち、LED防犯灯でないものをいう。

(補助金の交付)

第3条 市長は、防犯灯のLED化を推進するため、LED防犯灯を設置する自治会等に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助金の交付の対象)

第4条 補助金の交付の対象となる事業は、その公共性が認められ、かつLED防犯灯設置後の維持管理を自治会等が行うもののうち、次のいずれかに該当するものとする。

(1) 地域の環境の変化等に対応し防犯灯の効果を高めるため、既設非LED防犯灯について、設置要綱第3条第4項の規定により防犯灯を廃止するとともに、当該廃止場所とは異なる場所に新たにLED防犯灯を設置するもの。

(2) 既設非LED防犯灯をLED防犯灯に更新するもの。(単に電球等をLEDランプに交換する場合を除く。)

(3) 既設非LED防犯灯を廃止するもの。

(補助対象経費)

第5条 補助の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、前条の事業に要する費用のうち、次に掲げるものとする。

(1) 照明器具一式費用

(2) 取替費用(支柱及び支柱取替に係る経費は除く。)

(3) 撤去費用

(補助金の額)

第6条 前条各号の費用に対する補助金の額については、それぞれ当該費用に2分の1を乗じて得た額(その額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)とする。ただし、前条第1号又は第2号の場合にあっては1灯につき1万円を、前条第3号の場合にあっては1灯につき2千円を、それぞれ限度とする。

(交付の申請)

第7条 規則第3条第1項に規定する申請は、砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて行うものとする。

(1) 見積書の写し

(2) 位置図

(3) LED防犯灯を設置する電柱等の番号が確認できる現況写真

(4) その他市長が必要と認める書類

2 前項の申請書等書類の記載事項を変更しようとするときは、市長に届け出るものとする。

(交付の決定)

第8条 規則第6条第1項に規定する決定の通知は、砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により行うものとする。

2 市長は、前項の交付の決定に際し、必要な条件を付すことができる。

(実績報告)

第9条 規則第12条に規定する報告は、砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業実績報告書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて行うものとする。

(1) 領収書の写し

(2) LED防犯灯の設置前及び設置後の写真

(3) その他市長が必要と認める書類

(額の確定)

第10条 規則第13条に規定する通知は、砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金額確定通知書(様式第4号)により行うものとする。

(交付の請求)

第11条 規則第14条第1項の規定による請求は、同条第2項の補助金等交付請求書により行うものとする。

(補助金の返還)

第12条 市長は、虚偽その他不正の行為により補助金の交付を受けた者があるときは、既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

附 則

この告示は、平成26年6月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

砺波市環境にやさしい防犯灯LED化推進事業補助金交付要綱

平成26年6月1日 告示第76号

(平成26年6月1日施行)