○市立砺波総合病院医療機器選定委員会設置要綱

平成27年8月26日

訓令第6号

(設置)

第1条 市立砺波総合病院(以下「病院」という。)が行う医療行為に必要な医療機器の購入に際し、その性能、仕様、保守管理体制、使用状況等について調査検討し、最も適正な医療機器を選定するため、病院に医療機器選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(構成)

第2条 委員会は、次の各号に掲げる者を委員として構成し、その委員は院長が委嘱する。

(1) 医師 5名

(2) 看護師 1名

(3) 薬剤師 1名

(4) 放射線技師 1名

(5) 検査技師 1名

(6) 臨床工学技士 1名

(7) 事務員 5名

(委員の任期)

第3条 委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

2 欠員を生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に委員長と副委員長を置く。

2 委員長は、院長が任命する。

3 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長が任命する。

5 委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を代行する。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員会は、委員の過半数の出席(委任状による代理出席を含む。)がなければ開くことができない。

3 会議の議事は、委員(委任状を含む。)の過半数により決定し、可否同数の場合は委員長が決定する。

4 委員会は、必要があるとき、委員以外の者を出席させ、その意見を聴くことができる。

5 会議の内容は、原則として機器納入時まで公表しないものとする。ただし、委員長が必要と認めたときは、この限りでない。

(機器検討部会)

第6条 委員長は、機器の選定に当たり、その資料収集及び使用状況等の調査のため、必要に応じて機器検討部会(以下「部会」という。)を設けることができる。

2 部会の部会長及び部員は、委員長が指名する。

3 部会の会議の運営に関し、必要な資料の収集、作成等は、検討部会で行うものとする。

4 部会において協議、検討した結果については、すみやかに委員会に報告するものとする。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、病院管財課において処理する。

(細則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、この委員会の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

画像

市立砺波総合病院医療機器選定委員会設置要綱

平成27年8月26日 訓令第6号

(平成27年8月26日施行)