○和木町住宅建設奨励金条例

平成11年5月11日

条例第10号

(目的)

第1条 この条例は、誰もが住みたくなるような魅力的なまちづくりを推進し、住宅建設を奨励することにより、人口増を図ることを目的とする。

(奨励金交付の対象)

第2条 奨励金の交付の対象は、和木町内に新築された住宅で、当該住宅に係る固定資産税額が新たに平成12年度から、地方税法(昭和25年法律第226号)による減額対象となる住宅とする。ただし、賃貸、販売等営利を目的とする住宅を除く。

(奨励金の額及び支給期間)

第3条 奨励金の額は、前条の規定による固定資産税の減額相当額とする。

2 奨励金は、新たに固定資産税が課されることとなった年度から、3年間に限り支給するものとする。

(奨励金の交付時期)

第4条 奨励金は、和木町住宅建設奨励金交付請求書を受理した月の翌月末に交付する。

(奨励金の取消し等)

第5条 町長は、奨励金の交付が決定した者又は交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、その決定又は交付を取り消すことができる。

(1) 固定資産税額の減額対象とならなくなったとき。

(2) 偽りその他不正な行為により奨励金を受けようとし、又は受けたとき。

(3) その他、町長が取り消す必要があると認めたとき。

2 町長は、前項の規定により取消しを受けた者に対し、既に交付した奨励金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、平成32年3月31日までに新築された住宅について適用する。なお、第2条ただし書きの規定は、平成26年10月1日以降に新築された住宅について適用し、それ以前に新築された住宅は、なお従前の例による。

附 則(平成16年条例第8号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第10号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成22年条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成24年条例第8号)

この条例は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成26年条例第5号)

この条例は、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成28年条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

附 則(平成30年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の和木町住宅建設奨励金条例第3条第2項の規定は、平成30年10月1日以降に新築された住宅について適用し、それ以前に新築された住宅は、なお従前の例による。

和木町住宅建設奨励金条例

平成11年5月11日 条例第10号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 土木・建設
沿革情報
平成11年5月11日 条例第10号
平成16年6月17日 条例第8号
平成19年3月15日 条例第10号
平成20年6月19日 条例第11号
平成22年3月29日 条例第7号
平成24年6月14日 条例第8号
平成26年3月24日 条例第5号
平成28年3月23日 条例第9号
平成30年4月1日 条例第8号