○和木町立学校施設の開放に関する条例施行規則

平成25年3月26日

教委規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、和木町立学校施設の開放に関する条例(平成25年条例第4号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の手続)

第2条 条例第5条第1項の規定により、和木町立和木中学校又は和木町立和木小学校の施設(以下「学校施設」という。)の利用を申請しようとする者は、和木町立学校施設利用(変更)許可申請書(様式第1号)を利用しようとする日の3日前までに和木町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。また、利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。ただし、教育委員会が必要と認めたときは、この限りでない。

2 前項の申請書は、使用日の6箇月以前のものについては、これを受け付けない。

(利用(変更)許可書の交付)

第3条 教育委員会は、条例第5条第2項の規定により利用を許可したときは、和木町立学校施設利用(変更)許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

2 利用者は、学校長の求めがあったときは許可書を学校長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第4条 次の各号の一に該当するときは、条例第7条第2項の規定に基づき、町長は使用料を減免することができる。

(1) 全部を免除する場合

 国又は地方公共団体が利用する場合

 町内に設置された学校又は保育所が利用する場合

 町又は教育委員会が共催する場合

 町内の別表に定める団体が、その本来の目的の達成のために利用する場合

 その他、町長が使用料の免除を適当と認めた場合

(2) 5割を減額する場合。ただし、運動場照明使用料及び体育館照明使用料を除く。

 町又は教育委員会が後援する場合

 和木町文化協会又は和木町体育協会に加盟している団体が利用する場合

 その他、町長が使用料の減額を適当と認めた場合

2 前項の規定により算出した金額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とする。

3 利用者が、利用料の減免を受けようとするときは、第2条の和木町立学校施設利用(変更)許可申請書(様式第1号)にその旨を記載して町長に提出しなければならない。ただし、特に教育委員会が認めた場合は、この限りでない。

(使用料の還付)

第5条 条例第7条第3項ただし書きの規定により、使用料の還付を受けようとする者は、和木町立学校施設使用料還付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(設備費の負担)

第6条 電力その他特別の設備をする場合は、その設備に要する経費は、利用者の負担とする。

(使用料の割増)

第7条 利用者が、入場料又はこれに類するものを徴収するときは、条例に定める使用料の3倍に相当する額を徴収する。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(和木町立小学校及び中学校の施設の開放に関する規則等の廃止)

2 和木町立小学校及び中学校の施設の開放に関する規則(平成10年教委規則第3号)及び和木町立和木中学校夜間照明施設使用規則(昭和57年教委規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成26年教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年教委規則第15号)

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

団体名

婦人会(支部婦人会を含む。)

子ども会育成連絡協議会(単位子ども会を含む。)

スポーツ少年団各部

総合型地域スポーツクラブ

体育協会

文化協会

PTA

和木保育所父母の会

社会福祉協議会

老人クラブ連合会(喜楽会を含む。)

身体障害者親和会

手をつなぐ育成会

ボランティア連絡協議会

母子寡婦婦人会

清和会

点訳すばるの会

手話サークル・虹

要約筆記サークル・こばと

自治会

生活改善実行グループ連絡協議会

画像

画像

画像

和木町立学校施設の開放に関する条例施行規則

平成25年3月26日 教育委員会規則第6号

(平成27年3月27日施行)