○とやま市民交流館条例

平成17年4月1日

富山市条例第119号

(設置)

第1条 市民に、学習、交流その他の活動の機会と場を提供し、もって富山駅周辺のにぎわいと活力づくりに資するため、とやま市民交流館(以下「交流館」という。)を設置する。

(位置)

第2条 交流館の位置は、富山市新富町一丁目2番3号とする。

(事業)

第3条 交流館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 市民活動の支援及び市民交流の促進に関すること。

(2) 市民の学習の場の提供に関すること。

(3) 住民票その他証明書の交付等に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、交流館の設置目的を達成するために必要な事業

(施設)

第4条 交流館に次に掲げる施設を置く。

(1) 交流広場

(2) 市民学習コーナー

 学習室

 音楽・映像室

 和室

(3) 市民サービスコーナー

(5) 前各号に掲げるもののほか、交流館の設置目的を達成するために必要な施設

(市民学習コーナーの使用者の範囲)

第5条 前条第2号に掲げる施設を使用することができる者は、社会教育、地域活動等に関し学習を行う団体とする。

(使用の承認)

第6条 第4条第2号に掲げる施設を使用しようとする者は、あらかじめ、市長の承認を受けなければならない。

2 前項の承認には、交流館の管理上必要な条件を付することができる。

(使用の不承認)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、施設の使用を承認しないものとする。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設又は附属設備等を損傷するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、交流館の管理上特に支障があるとき。

(使用の承認の取消し等)

第8条 市長は、第6条の規定により使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 偽りその他不正の手段により使用の承認を受けたとき。

(3) 第6条第2項の規定による承認の条件に違反したとき。

(4) 前条各号のいずれかに該当するに至ったとき。

2 前項の規定の適用により使用者が損害を受けても、市は、その賠償の責めを負わない。

(使用料)

第9条 交流館の使用料は、無料とする。

(使用権の譲渡等の禁止)

第10条 使用者は、使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(特別の設備)

第11条 使用者は、施設に特別の設備をし、又は変更を加えようとするときは、あらかじめ、市長の承認を受けなければならない。

(原状回復)

第12条 使用者は、使用を終了したとき(第8条第1項の規定により使用の承認を取り消されたときを含む。)は、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第13条 施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失した者は、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(入館の制限)

第14条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 施設又は附属設備等を損傷するおそれがある者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑となる物品又は動物を携行する者

(3) 前2号に掲げるもののほか、交流館の管理上特に支障があると認められる者

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前のとやま市民交流館条例(平成15年富山市条例第23号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年6月30日富山市条例第55号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年7月21日から施行する。

とやま市民交流館条例

平成17年4月1日 条例第119号

(平成20年7月21日施行)