○富山市市民総合災害見舞金支給規則

平成17年4月1日

富山市規則第69号

(目的)

第1条 この規則は、市が主催する社会体育活動、社会教育活動、社会福祉活動、社会奉仕活動その他の活動及び行事(以下「行事等」という。)に参加して生じた不測の災害に係る見舞金を支給することにより、市民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 社会体育活動 市民のスポーツの推進を目的とする諸活動をいう。

(2) 社会教育活動 社会教育法(昭和24年法律第207号)第2条に規定するものをいう。

(3) 社会福祉活動 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第2条に規定するもの等をいう。

(4) 社会奉仕活動 住民により構成される団体が市長の事前の承認を得て、当該団体の責任者の管理下において、当該団体の構成員が無報酬で労力を提供する活動で、次に掲げるもののいずれかに該当するものをいう。

 道路、河川、公園、学校、社会福祉施設その他の市が管理する公共施設の整理又は清掃活動

 防火、防犯又は交通安全のための活動

 老人、心身障害者その他市長が必要と認める者のために行う市の行事に協力する活動

 全住民のために行う市の業務に協力する活動

(見舞金の支給)

第3条 市長は、行事等の参加者又は市長が特に認める者(以下「参加者等」という。)が急激かつ偶然な外来の事故に起因して身体に傷害を受け、その直接の結果として死亡し、後遺障害(身体の一部を失い、又はその機能に重大な障害を永久に残した状態をいう。以下同じ。)が存し、又は入院した場合に、当該参加者等又はその法定相続人に対し見舞金を支給する。

(見舞金の種類及び額)

第4条 見舞金の種類及び額は、別表のとおりとする。

(見舞金を支給しない場合)

第5条 第3条の規定にかかわらず、参加者等が次の各号のいずれかに該当する事由により災害を受けた場合は、見舞金は支給しない。ただし、第2号に該当する場合で、法定相続人が2人以上いるときは、当該故意者以外の法定相続人が受けるべき分については、この限りでない。

(1) 参加者等の故意

(2) この規則の規定により死亡見舞金の支給を受けるべき者の故意

(3) 参加者等の自殺行為又は犯罪行為

(4) 参加者等の脳疾患、疾病若しくは心身喪失又は妊娠等

(5) 前各号に掲げるもののほか、市が加入する全国市長会市民総合賠償補償保険の災害補償保険普通保険約款において、市が保険金が支払われないものと定められている事由

(支給申請)

第6条 見舞金の支給を受けようとする者は、申請書に市長が必要と認める書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(支給決定)

第7条 市長は、前条の規定により見舞金の支給申請があったときは、これを審査し、支給することを決定したときは、書面によりその旨を申請者に通知するものとする。

(適用除外)

第8条 この規則の規定は、次の各号のいずれかに該当する者には適用しない。

(1) 法律又は条例により公務災害補償を受けることができる者

(2) アマチュアスポーツ団体(高校生、大学生等又は社会人により構成されるスポーツクラブ等をいう。)の管理下におけるスポーツ活動に参加中の当該団体の構成員

(損害賠償の免責)

第9条 市は、この規則により見舞金を支給したときは、同一の事由については、その価額の限度において、民法(明治29年法律第89号)又は国家賠償法(昭和22年法律第125号)による損害賠償の責めを免れるものとする。

(細則)

第10条 見舞金の支給に関しこの規則に定めのない事項については、全国市長会市民総合賠償補償保険契約特約書、災害補償保険普通保険約款、スポーツ災害補償特約条項及び入院医療補償保険金の支払に関する特約条項の定めるところによる。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富山市市民総合災害見舞金支給規則(昭和56年富山市規則第24号)、大沢野町総合災害補償要綱(昭和59年大沢野町告示第16号)、大山町総合災害補償規程(昭和61年大山町訓令第1号)、八尾町総合災害補償規則(昭和59年八尾町規則第240号)、町村総合災害補償規程(昭和59年婦中町規程第13号)若しくは町村総合災害補償規程(昭和59年細入村規程第1号)又は合併前の山田村が加入していた全国町村会総合賠償補償保険の契約条項(以下これらを「合併前の規則等」という。)の規定により補償を受けた、又は受けるべきであった者に係る補償については、なお合併前の規則等の例による。

附 則(平成23年8月23日富山市規則第58号)

この規則は、平成23年8月24日から施行する。

別表(第4条関係)

見舞金の種類

支給額

死亡給付金

500万円

後遺障害給付金

後遺障害の程度に応じ、15万円から500万円までの範囲内で市長が定める額

入院補償給付金

入院日数 1日以上5日まで

1万円

入院日数 6日以上15日まで

3万円

入院日数 16日以上30日まで

6万円

入院日数 31日以上60日まで

9万円

入院日数 61日以上90日まで

12万円

入院日数 91日以上

15万円

富山市市民総合災害見舞金支給規則

平成17年4月1日 規則第69号

(平成23年8月24日施行)