○富山市農業集落汚水処理施設条例施行規則

平成17年4月1日

富山市規則第176号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市農業集落汚水処理施設条例(平成17年富山市条例第201号。以下「条例」という。)第11条に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の構造及び設計基準)

第2条 条例第4条第1項に規定する排水設備の構造及び設計基準は、次のとおりとする。

(1) 排水管

 排水管は、特別の場合を除き、塩化ビニール製で暗きよとすること。

 排水管の内径は、特別の場合を除き、100ミリメートル以上とし、取付管の内径以下とすること。

 排水管のこう配は、特別の場合を除き、次の表に定めるとおりとすること。

排水管の内径(mm)

こう

100

20/1,000以上

125

17/1,000以上

150

15/1,000以上

 排水管の土かぶりは、20センチメートル以上を標準とすること。

(2) ます

 排水管の起点、終点、合流点及び屈曲点又は内径若しくはこう配が著しく変化する箇所には、ますを設置すること。ただし、清掃又は検査の容易な場所には、枝付管又は曲管を用いることができる。

 排水管の直線部には、その管径の120倍以内の間隔にますを設置すること。

 ますは、内径寸法15センチメートル以上の円形又は角型とし、鉄筋コンクリート、プラスチック製等のもので、堅固で耐久性及び耐震性のある構造のものとすること。

 ますの底部には、接続する管きよの内径に応じ、インバートを設けること。

 ますには、プラスチック、コンクリート又は鋳鉄製の密閉ふたを取り付けること。

(3) 防臭装置 水洗便器、浴場、流し場等の汚水流出箇所には、トラップ又は防臭ますを取り付けること。トラップの封水がサイフォン作用又は逆圧によって破られるおそれがあると認められるときは、通気管を設けること。

(4) 油脂しゃ断装置 油脂類を多量に排出する流し口には、油脂しゃ断装置を設けること。

(排水設備等の計画の確認)

第3条 条例第4条第2項の規定による確認は、排水設備新設(増設・改築)計画確認申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて行うものとする。

(1) 見取図 方位、道路及び目標となる地物を表示し、工事施工地及び隣接地を明示すること。

(2) 平面図 縮尺100分の1以上とし、次の事項を表示すること。

 縮尺、方位、工事施工地の境界及び面積

 道路、建物、水道、井戸、台所、浴室、洗濯場、便所その他汚水を排除する施設の位置

 排水管きよの位置、大きさ、こう配及び延長

 ますその他附属装置の種類、位置及び大きさ

(3) 縦断面図 縮尺は、横については平面図に準じ、縦については10分の1程度とし、管きよの大きさ、こう配並びに地表及び管きよの高さを表示すること。

(4) 構造図 縮尺20分の1程度とする(特別な施設を必要とする場合に限る。)

(5) 承諾書(他人の土地又は排水設備を使用する場合に限る。)

(6) その他必要な書類

2 市長は、前項の申請に係る計画を確認したときは、排水設備新設(増設・改築)計画確認書(様式第2号)を当該申請者に交付する。

(排水設備等の工事完了届)

第4条 条例第4条第3項の規定による工事の完了の届出は、排水設備工事完了届(様式第3号)により行うものとする。

(検査済証)

第5条 市長は、条例第4条第3項の検査をした場合において、その工事が市長が別に定める構造及び基準に適合していると認めたときは、使用者に検査済証(様式第4号)を交付するものとする。

(指定工事店)

第6条 条例第4条第4項に規定する排水設備の設計及び工事に関し技能を有する者は、富山市下水道条例(平成17年富山市条例第298号)第5条に規定する指定工事店とする。

(施設の使用開始等の届出)

第7条 条例第6条第1項の規定による届出は、排水設備使用開始(休止・廃止・再開)(様式第5号)により行うものとする。

2 条例第6条第2項の規定による届出は、排水設備使用者変更届(様式第6号)により行うものとする。

(使用月の始期及び終期)

第8条 条例第2条第1項第3号に規定する使用月の始期及び終期は、次の各号による。

(1) 水道水を使用している場合は、そのメーターの検針日の翌日を始期とし、次回の検針日を終期とする。

(2) 水道水以外の水を使用している場合は、その認定日の翌日を始期とし、次回の認定日を終期とする。

(3) 使用料は、毎使用月の終期の日現在により算定し、その日の属する月分として徴収する。

(特別の場合における使用料の算定)

第9条 条例第9条第3項の規定により基本料を算定する場合の月の現日数は、30日とする。

(水道水以外の水を使用する場合における汚水の排出量の認定)

第10条 条例第9条第2項第2号の規定する水道水以外の水を使用する場合の排出量の認定(条例第9条第2項第3号の規定により計測の装置を取り付けている場合を除く。)は、次に定めるところによる。

(1) 家事にのみ使用されるものの汚水の排出量

 1世帯1人の場合は、1使用月につき5立方メートル

 1世帯2人の場合は、1使用月につき10立方メートル

 1世帯2人を超える場合は、1使用月につき10立方メートルにその超える1人を増すごとに7立方メートルを加えた量

(2) 家事以外に使用されるものの汚水の排出量は、使用者の人数、業態、揚水設備、水の使用状況その他の事実を考慮して認定する。

(3) 大口に使用されるものの汚水の排出量は、計測によるほか、必要に応じ前号に定める使用者の人数その他の事実を考慮して認定する。

2 市長が必要があると認めるときは、2月以上の汚水の排出量の認定を行うことができる。

(水道水と水道水以外の水を併用する場合における汚水の排出量の認定)

第11条 水道水と水道水以外の水を併用して使用する場合の排出量は、水道水以外の水による認定排出量と水道水による汚水の排出量を合算したものとする。

(特殊な使用に係る汚水の排出量の申告)

第12条 条例第9条第2項第4号の規定する申告は、汚水排出量申告書(様式第7号)によらなければならない。

(使用料の減免等)

第13条 条例第10条の規定により使用料の減免又は徴収の猶予を受けることのできる者は、次のとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定により生活扶助を受けている者

(2) 天災その他の災害を受け、支払能力がないと認められる者

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特別の理由があると認めた者

2 条例第10条の規定により使用料の減免又は徴収の猶予を受けようとする者は、施設使用料減免(徴収猶予)申請書(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適否を決定し、その結果を施設使用料減免(徴収猶予)決定通知書(様式第9号)により、当該申請者に通知するものとする。

4 前2項の規定により使用料の減免又は徴収の猶予を受けた者は、その事由が消滅したときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

(職員の身分証明)

第14条 条例第4条第2項の規定による検査に当たる者は、職員身分証明書(様式第10号)を携帯しなければならない。

(細則)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富山市農業集落汚水処理施設条例施行規則(平成16年富山市規則第42号)、大沢野町農業集落排水処理施設の設置及び管理等に関する条例施行規則(平成9年大沢野町規則第3号)、大山町下水道設置条例施行規則(昭和62年大山町規則第7号)、八尾町農村下水道等処理施設の設置及び管理等に関する条例施行規則(平成4年八尾町規則第7号)、婦中町農業集落排水処理施設の設置及び管理等に関する条例施行規則(平成13年婦中町規則第11号)又は細入村農業集落排水処理施設の設置及び管理等に関する条例施行規則(平成9年細入村規則第10号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月31日富山市規則第57号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市農業集落汚水処理施設条例施行規則

平成17年4月1日 規則第176号

(平成20年4月1日施行)