○富山市農業集落排水事業分担金徴収条例施行規則

平成17年4月1日

富山市規則第177号

(受益者の申告)

第2条 条例第2条に規定する受益者は、市長が別に定める日までに、農業集落排水事業受益者申告書を市長に提出しなければならない。この場合において、受益者が2人以上のあるときは、代表者を定め、その代表者が申告書を提出するものとする。

(受益者に変更があった場合の取扱い)

第3条 条例第2条に規定する受益者に変更があった場合において、当該変更に係る当事者の双方又は新たな受益者となった者は、農業集落排水事業受益者変更申告書を市長に提出しなければならない。

(分担金の決定通知)

第4条 分担金の額及び納付期日は、農業集落排水事業受益者分担金決定通知書により通知するものとする。

(分担金の納付)

第5条 分担金の納付は、農業集落排水事業受益者納入通知書により行うものとする。

(分担金の徴収猶予)

第6条 条例第6条の規定による分担金の徴収猶予を受けようとする者は、農業集落排水事業分担金徴収猶予申請書により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、別に定める基準に従い、その適否を決定し、その結果を農業集落排水事業受益者分担金徴収猶予決定通知書により当該申請者に通知するものとする。

(分担金の減免)

第7条 条例第6条の規定による分担金の減免を受けようとする者は、納期限7日前までに農業集落排水事業受益者分担金減免申請書により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があったときは、別に定める基準に従い、その適否を決定し、その結果を農業集落排水事業受益者分担金減免決定通知書により当該申請者に通知するものとする。

(受益者分担金対象額)

第8条 条例別表の規則で定める経費は、次のとおりとする。

(1) 基本設計費及び全体実施設計費

(2) 処理場用地費及び処理場建設費

(3) 事務費

(住所変更の届出)

第9条 受益者は、住所を変更したときは、直ちに農業集落排水事業受益者住所変更届出書を市長に提出しなければならない。

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大沢野町農業集落排水事業分担金徴収条例施行規則(平成5年大沢野町条例第6号)、大山町下水道事業受益者負担金及び分担金に関する条例施行規則(昭和62年大山町条例第4号)又は細入村農業集落排水事業分担金徴収条例施行規則(平成9年細入村条例第9号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

富山市農業集落排水事業分担金徴収条例施行規則

平成17年4月1日 規則第177号

(平成17年4月1日施行)