○富山市古洞の森自然活用村条例施行規則

平成17年4月1日

富山市規則第183号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市古洞の森自然活用村条例(平成17年富山市条例第206号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用承認の申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により施設の使用の承認を受けようとする者は、富山市古洞の森自然活用村施設使用承認申請書(様式第1号又は様式第2号)条例第4条の2に規定する指定管理者(以下単に「指定管理者」という。)に提出しなければならない。

(使用の承認)

第3条 指定管理者は、施設の使用を承認したときは、富山市古洞の森自然活用村施設使用承認書(様式第3号又は様式第4号)を交付するものとする。

(使用承認事項の変更)

第4条 施設の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)が使用承認事項の変更をしようとするときは、速やかに前条の使用承認書を添えて指定管理者に申請し、その承認を受けなければならない。

(使用の承認の取消し)

第5条 条例第7条第1項の規定により、施設の使用の承認を取り消したときは、指定管理者は、その旨を書面で使用者に通知するものとする。

(利用料金の減免)

第6条 条例第10条の規定による利用料金の減免の額は、次の各号に定めるところによる。ただし、入場料その他これに類するものを徴収するときは、第4号に該当するものを除き、減免しない。

(1) 市が主催するとき。 50パーセント相当額

(2) 市が共催するとき。 20パーセント相当額

(3) 市長が認める農業団体が主催するもの 50パーセント相当額(条例第4条第1号アに掲げる施設に限る。)

(4) 市長が特に必要と認めるもの 別に定める額

2 利用料金の減免を受けようとする者は、富山市古洞の森自然活用村施設利用料金減免申請書(様式第5号)に減免の理由を証する書類を添えて、指定管理者に提出しなければならない。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。

(利用料金の還付)

第7条 条例第11条ただし書の規定による利用料金の還付の額は、次の各号に定めるところによる。

(1) 条例第11条第1号に該当するとき。 全額

(2) 条例第11条第2号に該当するとき。 70パーセント相当額

(3) 条例第11条第3号に該当するとき。 別に定める額

2 利用料金の還付を受けようとする者は、富山市古洞の森自然活用村施設利用料金還付申請書(様式第6号)に利用料金領収書を添えて、指定管理者に提出しなければならない。

(端数計算)

第8条 第6条第1項及び前条第1項の規定による利用料金の減免及び還付の額の端数計算については、条例第9条第2項の例による。

(冷暖房期間)

第9条 条例第4条第1号第2号及び第6号に掲げる施設の冷房及び暖房の実施期間は、原則として次のとおりとする。

冷房 6月15日から9月30日まで

暖房 11月1日から翌年の5月15日まで

(損傷及び滅失の届出)

第10条 富山市古洞の森自然活用村(以下「活用村」という。)の施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失した者は、直ちにその旨を指定管理者に届け出て、その指示に従わなければならない。

(細則)

第11条 この規則で定めるもののほか、活用村の管理について必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富山市古洞の森自然活用村条例施行規則(平成2年富山市規則第38号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年9月30日富山市規則第308号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日富山市規則第43号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月26日富山市規則第79号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日富山市規則第36号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月27日富山市規則第14号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

富山市古洞の森自然活用村条例施行規則

平成17年4月1日 規則第183号

(平成29年4月1日施行)