○富山市農村公園条例

平成17年4月1日

富山市条例第210号

(設置)

第1条 富山市の農村に居住する者の健康増進、体力づくり、休養及び娯楽を通じて相互の連帯意識を高め、明るく豊かな農村を建設するため、富山市農村公園(以下「農村公園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農村公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

富山市黒田農村公園

富山市八尾町黒田3595番地

富山市三田農村公園

富山市八尾町三田185番地

富山市下新田農村公園

富山市八尾町新田473番地

富山市卯花水辺公園

富山市八尾町下笹原3番地1

富山市富崎農村公園

富山市婦中町富崎172番1

富山市千里農村公園

富山市婦中町千里3130番地

富山市上井沢農村公園

富山市婦中町上井沢1676番地

富山市余川農村公園

富山市婦中町余川2110番地

富山市上吉川農村公園

富山市婦中町上吉川1074番地

富山市富川農村公園

富山市婦中町富川5053番地

富山市楡原農村公園

富山市楡原1390番地

富山市庵谷農村公園

富山市庵谷1182番地

(行為の制限)

第3条 農村公園において次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 業として写真又は映画を撮影すること。

(2) 興行を行うこと。

(3) 演説、集会、競技会、展示会、撮影会、博覧会その他これらに類する催しをすること。

(4) 行商、募金その他これらに類する行為をすること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が農村公園の管理上必要があると認める行為をすること。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為の目的、行為の期間、行為を行う場所又は公園施設、行為の内容その他市長の指示する事項を記載した申請書を、市長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者は、許可を受けた事項を変更しようとするときは当該事項を記載した申請書を市長に提出して、その許可を受けなければならない。

4 市長は、第1項各号に掲げる行為が、公衆の農村公園の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り第1項又は前項の許可を与えることができる。

5 市長は、第1項又は第3項の許可に、農村公園の管理のため必要な範囲内で条件を付することができる。

(行為の禁止)

第4条 農村公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、前条第1項又は第3項の許可に係るものについては、この限りでない。

(1) 農村公園を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣及び魚の類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(6) 立入禁止区域に立ち入ること。

(7) 指定された場所以外の場所へ諸車を乗り入れ、又は留め置くこと。

(8) 農村公園をその用途外に使用すること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、市長が農村公園の管理に支障があると認める行為をすること。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の八尾町農村公園設置条例(昭和59年八尾町条例第688号)又は婦中町農村公園設置条例(平成6年婦中町条例第29号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月30日富山市条例第36号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月26日富山市条例第35号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日富山市条例第26号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、第3条第4項の改正規定は、公布の日から施行する。

富山市農村公園条例

平成17年4月1日 条例第210号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第13編 済/第4章 農林水産
沿革情報
平成17年4月1日 条例第210号
平成18年3月30日 条例第36号
平成20年3月26日 条例第35号
平成22年3月25日 条例第26号