○富山市立富山外国語専門学校条例

平成25年3月27日

富山市条例第2号

(設置)

第1条 外国語に関する専門教育を行うことにより、異文化への理解を深め広い視野をもった国際人として有能な人材を育成し、もって産業及び文化の振興及び発展に寄与するため、富山市立富山外国語専門学校(以下「専門学校」という。)を設置する。

(位置)

第2条 専門学校の位置は、富山市大手町6番14号とする。

(学科)

第3条 専門学校に、実務英語科及び専攻科を置く。

(授業料等)

第4条 専門学校の授業料、入学料、入学考査料及び受講料の額は、別表に定める額(受講料にあっては、この額に100分の108を乗じて得た額とし、当該受講料の額に5円未満の端数があるときは、これを切り捨て、5円以上10円未満の端数があるときは、これを10円に切り上げた額)とする。

2 市長は、特別の理由があると認めるときは、授業料、入学料及び入学考査料を減免することができる。

3 既納の入学料、入学考査料及び受講料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(証明手数料)

第5条 専門学校において卒業証明書、修了証明書及び成績証明書を発行する場合は、1通につき手数料300円を徴収する。ただし、専門学校に在学中の学生に対し、これらを発行する場合は、この限りでない。

(職員)

第6条 専門学校に校長その他の職員を置く。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、富山市立市民学園条例の一部を改正する等の条例(平成25年富山市条例第1号)第2条の規定による廃止前の富山市立市民学園条例(平成17年富山市条例第252号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月28日富山市条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

区分

金額(円)

授業料

年額 312,000

入学料

市内居住者

実務英語科

135,300

専攻科

81,200

その他の者

実務英語科

169,200

専攻科

101,500

入学考査料

18,000

受講料

一般講座

1科目につき年額 12,380

集中講座

1科目につき 6,290

備考 この表において「市内居住者」とは、入学しようとする日の前年の4月1日から引き続き市内に住所を有する者をいう。

富山市立富山外国語専門学校条例

平成25年3月27日 条例第2号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第15編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成25年3月27日 条例第2号
平成26年3月28日 条例第4号