○富山市立富山外国語専門学校授業料等の徴収等に関する規則

平成25年3月29日

富山市規則第66号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市立富山外国語専門学校条例(平成25年富山市条例第2号)に規定する授業料等の徴収等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(授業料の納付)

第2条 授業料は、月を単位として徴収するものとし、毎月10日までに年額の12分の1に相当する額を納付しなければならない。

(休学し、又は退学する者の授業料)

第3条 休学する者については、休学する日の属する月の翌月から復学する日の属する月の前月までの分の授業料は、徴収しない。

2 学年の中途において退学する者が当該学年において納付すべき授業料の額は、年額の12分の1に相当する額に4月から退学する日の属する月までの月数を乗じて得た額とする。

(授業料の減免)

第4条 授業料の減免は、学資の支弁が困難であり、かつ、学業成績が良好な者に対して行う。

2 授業料の減免を受けようとする者は、富山市立富山外国語専門学校授業料減免申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

3 授業料の減免は、学年ごとに行う。

(入学料、入学考査料及び受講料の納付)

第5条 入学料、入学考査料及び受講料は、指定の期日までに納付しなければならない。

(入学料等の減免)

第6条 入学料又は入学考査料の減免は、大規模な自然災害その他のやむを得ない理由により、学資の支弁が困難であり、かつ、学業成績が良好な者に対して行う。

2 入学料又は入学考査料の減免を受けようとする者は、富山市立富山外国語専門学校入学料・入学考査料減免申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、富山市立市民学園授業料等の徴収等に関する規則の一部を改正する等の規則(平成25年富山市規則第6号)第2条の規定による廃止前の富山市立市民学園授業料等の徴収等に関する規則(平成17年富山市規則第241号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

富山市立富山外国語専門学校授業料等の徴収等に関する規則

平成25年3月29日 規則第66号

(平成25年4月1日施行)