○雲南市地域包括支援センター要綱

平成18年3月31日

訓令第14号

(目的)

第1条 地域包括支援センターは、その活動を通じて地域包括ケアを実現するものであり、そのため①高齢者の多様なニーズや相談を総合的に受止め、尊厳ある生活の継続のため必要な支援につなぐ。②介護保険サービスのみならず、地域の保健・福祉・医療サービスやボランティア活動、支え合いなどの多様な社会資源を有機的に結びつける。③高齢者の心身の状態の変化に応じて、生活の質が低下しないように適切なサービスを継続的に提供することを主な視点として地域包括支援体制の確立を目的に設置する。

(設置)

第2条 地域包括支援センターは、雲南市地域包括支援センターと称し、雲南市木次町里方521番地1に設置する。

2 地域包括支援センター業務の円滑な遂行を図るため、雲南市大東町大東1673番地1に相談窓口を設置する。

(利用対象者)

第3条 65歳以上の高齢者及びその家族並びに要介護認定の要支援者とする。

(基本機能)

第4条 地域包括支援センターは、地域包括支援体制の実現を目指して次に掲げる基本機能を担うものとする。

(1) 共通的支援基盤の構築

地域に、総合的、重層的なサービスネットワークを構築する。

(2) 総合的支援・権利擁護

 高齢者の相談を総合的に受止めるとともに、訪問して実態を把握し、必要なサービスにつなぐ。

 虐待の防止など高齢者の権利擁護に努める。

(3) 包括的・継続的ケアマネジメントの支援

高齢者に対し包括的かつ継続的なサービスが提供されるよう、地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制の構築を支援する。

(4) 介護予防マネジメント

介護予防事業、新たな予防給付が効果的かつ効率的に提供されるよう、適切なマネジメントを行う。

(職員体制)

第5条 保健師又は経験のある看護師、主任ケアマネージャー、社会福祉士等を配置する。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月24日訓令第25号)

この訓令は、公布の日から施行し、平成21年8月31日から適用する。

附 則(平成22年3月25日訓令第10号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第9号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年10月9日訓令第21号)

この訓令は、平成27年10月13日から施行する。

附 則(平成28年3月25日訓令第11号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月27日訓令第9号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

雲南市地域包括支援センター要綱

平成18年3月31日 訓令第14号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成18年3月31日 訓令第14号
平成21年12月24日 訓令第25号
平成22年3月25日 訓令第10号
平成23年3月31日 訓令第9号
平成27年10月9日 訓令第21号
平成28年3月25日 訓令第11号
平成29年3月27日 訓令第9号