○雲南市スクールバス条例施行規則

平成25年3月27日

教育委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市スクールバス条例(平成25年雲南市条例第36号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(運行管理等)

第2条 雲南市スクールバス(以下「スクールバス」という。)の運行管理者は、教育長とする。

2 スクールバスの整備管理者(以下「整備管理者」という。)は、運行管理者が別に定める。

3 スクールバスの管理業務は、民間事業者等に委託することができる。

4 整備管理者及びスクールバスを運転する者(以下「運転者」という。)は、常にバスの点検整備に留意するとともに、整備不良のスクールバスを運行又は運転をしてはならない。

(運行便数、運行時刻及び停留所)

第3条 スクールバスの運行便数、運行時刻及び停留所は、児童及び生徒の状況を考慮し、毎年度運行管理者が別に定める。

(利用範囲)

第4条 スクールバスは、条例第2条に規定する運行区間における遠距離通学者の登下校に利用する。ただし、児童生徒等の学習活動等のため雲南市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認めた場合は、この限りでない。

(利用申請)

第5条 スクールバスを利用しようとする者の保護者は、通学乗車券利用許可申請書(様式第1号)又は通学乗車券利用許可申請書(特別許可)(様式第2号)を学校経由で教育委員会へ提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、通学通園バス乗車券を発行するものとする。

3 前条ただし書きの規定により利用する場合は、スクールバス利用申請書(様式第3号)を教育委員会へ提出し、許可を受けなければならない。

(事故報告等)

第6条 運転者は、天候の激変又はバスの故障等により安全に運転ができないと認められる状況が生じたとき、又は事故が発生したときは、ただちに教育委員会へ報告し、その指示を受けなければならない。

2 運転者は、前項の処理をした後、速やかに事故報告書を作成し、教育委員会を経て、市長に提出しなければならない。

(利用者に対する市の責任)

第7条 市は、スクールバスの運行に関し、利用者その他の者に損害を与えた場合において、損害の責めが市にあると認めたときは、法令の定めるところにより損害を賠償する。

2 利用者に対する前項の責めは、利用者がバスへの乗車のときに始まり、バスから降車したときをもって終わる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(雲南市掛合スクールバスの設置及び運行に関する条例施行規則の廃止)

2 雲南市掛合スクールバスの設置及び運行に関する条例施行規則(平成16年雲南市教育委員会規則第21号)は、廃止する。

画像

画像画像画像

画像

雲南市スクールバス条例施行規則

平成25年3月27日 教育委員会規則第2号

(平成25年4月1日施行)