○雲南市「菅谷たたら山内」及び周辺施設条例施行規則

平成26年3月26日

規則第16号

雲南市「菅谷たたら山内」及び周辺施設条例施行規則(平成16年雲南市規則第55号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市「菅谷たたら山内」及び周辺施設条例(平成25年雲南市条例第75号。以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、「菅谷たたら山内」及び周辺施設(以下「施設」という。)の管理運営について、必要な事項を定めるものとする。

(入場の範囲)

第2条 施設は、広く一般に公開する。

(施設のき損等の届出)

第3条 施設内の設備又は展示品に損傷を与えた場合、入場者は、速やかに市長に届け出なければならない。

(使用料の減免)

第4条 市長は、条例第10条第2項の規定により、次のいずれかに該当するときは、使用料の全額を免除することができる。

(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する雲南市内の幼稚園、小学校、中学校及び高等学校の園児、児童又は生徒が教育活動の一環として教職員に引率されて施設に入場する場合(引率者も含む)

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者、療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)の規定により療育手帳の交付を受けている者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者及び当該障がい者を介助する者が施設に入場する場合

(3) 市又は市教育委員会が主催又は共催して行う会合又は行事で施設を使用する場合

(4) 条例第11条に規定する指定管理者が、条例第1条に定める設置目的に適合した会合又は行事で施設を使用する場合

(5) 市長が公益上特に必要と認める場合

(使用者遵守事項)

第5条 使用者は、次に定める事項を遵守しなければならない。

(1) 建物若しくは備品又は展示品について、保全秩序の維持のため、市長から指示された事項

(2) 面会を強要し、又は乱暴な言動をしないこと。

(3) 施設若しくは備品又は展示品を汚損し、又はき損しないこと。

(4) 他人に迷惑を及ぼす放歌又は高唱をしないこと。

(5) その他市長が不適当と認める行為をしないこと。

(行為の制限)

第6条 施設又は場内において次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売及びそれに類する商行為

(2) はり紙、掲示板、立看板、懸垂幕等の掲示

2 市長は、前項の許可をするときは、許可書を交付しなければならない。

(指定管理者による管理)

第7条 条例第11条の規定により施設の管理を指定管理者に行わせる場合は、第3条から第6条の規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

雲南市「菅谷たたら山内」及び周辺施設条例施行規則

平成26年3月26日 規則第16号

(平成26年4月1日施行)