○雲南市鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業捕獲報償金交付要綱

平成30年3月26日

告示第97号

(趣旨)

第1条 この告示は、鳥獣被害防止総合対策交付金実施要綱(平成20年3月31日付け19生産第9423号農林水産事務次官依命通知)、鳥獣被害防止総合対策交付金実施要領(平成20年3月31日付け19生産第9424号農林水産省生産局長通知)及び島根県鳥獣被害防止総合対策交付金交付要綱(平成22年4月23日付け森第59号)に基づき、鳥獣による農林作物等への被害の軽減に向け捕獲の更なる強化を図るため、市が、予算の範囲内において交付する捕獲報償金(以下「報償金」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 報償金の交付対象者は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第9条に規定する有害鳥獣捕獲の許可を受け、市内において報償金の対象となる有害鳥獣(以下「対象鳥獣」という。)を捕獲した者(以下「捕獲者」という。)が属する雲南市有害鳥獣駆除班の班長とする。

(対象鳥獣の種類及び報償金の上限額)

第3条 対象鳥獣の種類及び報償金の上限額は、別表に定めるとおりとする。

(捕獲個体の確認)

第4条 捕獲者は、対象鳥獣を捕獲したときは、速やかに次に掲げる証拠品を提出し、市職員による確認を受けなければならない。

(1) 捕獲した対象有害鳥獣(以下「捕獲個体」という。)全体及び捕獲者が写っており、捕獲場所及び捕獲年月日が特定できる写真(捕獲年月日が、捕獲個体にスプレー等で記入されるとともに、原則としてその向きが「右向き」の状態で撮影されたもの)

(2) 捕獲個体の尾(鳥類にあっては両足)

2 確認者は、前項の証拠品が提出されたときは、速やかに鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業における有害捕獲確認書(様式第1号)を作成し、市長に提出するものとする。

(報償金の交付手続)

第5条 報償金の交付を受けようとする交付対象者(以下「申請者」という。)は、捕獲個体について取りまとめ、四半期ごとに鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業における有害捕獲報告書(様式第2号。以下「報告書」という。)を市長に提出するものとする。

(報償金の交付決定及び交付)

第6条 市長は、前条の規定により提出された報告書を審査し、適当であると認めたときは、報償金の額を決定し、雲南市鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業捕獲報償金交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、前項の規定により報償金の額の決定をしたときは、速やかに報償金を申請者に交付するものとする。

(報償金の返還)

第7条 市長は、交付対象者が偽りその他不正な行為により報償金を受けたと認めたときは、報償金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

対象鳥獣の種類

報償金の上限額(1頭当たり)

イノシシ(成獣)

7,000円

イノシシ(幼獣)

1,000円

ニホンジカ(成獣)

7,000円

ニホンジカ(幼獣)

1,000円

ニホンザル(幼獣)

8,000円

ニホンザル(幼獣)

1,000円

タヌキ

1,000円

ヌートリア

1,000円

カラス

200円

画像

画像

画像

雲南市鳥獣被害防止緊急捕獲活動支援事業捕獲報償金交付要綱

平成30年3月26日 告示第97号

(平成30年4月1日施行)