○大衡村水道事業使用水量検針業務の委託に関する規程

昭和55年4月1日

水道事業規程第1号

(目的)

第1条 この規程は,水道使用水量の検針業務を委託することについて必要な事項を定めることを目的とする。

(委託の方法)

第2条 水道使用水量の検針業務(以下「検針業務」という。)を法人以外の者(私人)に村長が委託する。

(委託の期間)

第3条 検針業務の委託期間は2カ年とする。ただし,委託期間が満了したときは,1カ年を単位に更新することができる。

(委託料の支払方法)

第4条 村長は委託した者に対し,委託料を支払うものとする。

(水道使用水量の検針方法)

第5条 委託を受けた者は,村長から交付された水道使用水量検針台帳により,使用水量を検針しなければならない。

(委託した使用水量の報告方法)

第6条 委託を受けた者は,検針した水道使用水量を指定された日まで,村長に報告しなければならない。

(使用者からの連絡事項等の処理)

第7条 委託を受けた者は,水道使用者から水道事業に対する連絡事項及びその他申し出を受けたときは,遅延なく村長に連絡しなければならない。

(身分証明書)

第8条 委託を受けた者は,水道使用水量を検針するときは,その身分を表示する証明書を携帯しなければならない。

(検針台帳等亡失の措置)

第9条 委託を受けた者は,検針台帳又は身分証明書を亡失したるときは速かに村長に届け出なければならない。

(損害の賠償)

第10条 委託を受けた者は,検針した水道使用水量を故意に過少報告したときは,その損害を賠償しなければならない。

2 前項の賠償金は一時に納付しなければならない。ただし,村長が特別の事由があると認める場合は,分納させることができる。

(身元保証人)

第11条 委託を受けた者は,身元保証人1名をつけなければならない。

2 身元保証人は,委託を受けた者とともに損害賠償の責めにあたらなければならない。

第12条 この規程に定めるものの他,必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は,昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成14年4月1日水道事業規程第1号)

この規程は,平成14年4月1日から施行する。

大衡村水道事業使用水量検針業務の委託に関する規程

昭和55年4月1日 水道事業規程第1号

(平成14年4月1日施行)