○大衡村農業災害対策資金利子補給金交付要綱

平成15年12月5日

告示第91号

(趣旨)

第1 村は,暴風雨,豪雨,地震,降雪,降霜,低温又は降ひょう等の天災(以下「災害」という。)により,被害を受けた農業者の営農意欲の増進と農業経営の再建及び生活の維持回復を図るため,農業災害の対策に必要な低利な資金(以下「農業災害対策資金」という。)を農業者に融資する融資機関に対し,予算の範囲内で農業災害対策資金利子補給金(以下「利子補給金」という。)を交付するものとし,その交付等に関しては,大衡村補助金交付規則(昭和40年大衡村規則第4号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,この要綱の定めるところによる。

(資金の種類)

第2 この要綱において,農業災害対策資金とは,次に掲げるものをいう。

(1) 農業経営の再建等に当たり,天災資金及び農業経営維持安定資金(災害)の借入れで不足する又はそれらの融資対象者等に該当しないものに貸付ける資金(以下「1号資金」という。)

(2) 天災及び農業経営維持安定資金(天災)が融通されるまでの間,融資機関が農業者に緊急に必要な農業経営の再建を図るために貸付ける資金(以下「2号資金」という。)

(定義)

第3 この要綱において「農業者」とは,災害により被害を受けた個人及び団体等で,次の資金ごとの貸付対象者をいう。

(1) 1号資金

災害により農作物,農業機械,農業施設,その他農業の用に供するもの(果樹,家畜,資材等)に関する被害額が平年の農業所得の2割以上(団体にあっては平年の当期利益の2割以上)となる被害を受け,農業経営及び生活の維持が困難となる個人及び団体をいう。

(2) 2号資金

天災資金及び農業経営維持安定資金(天災)に定める農業を営む個人及び法人

2 この要綱において「融資機関」とは,次に掲げるものをいう。

(1) 農業協同組合法(昭和22年法律第132号)第10条第1項第2号の事業を行う農業協同組合

(2) 銀行その他の金融機関

(貸付対象経費)

第4 農業災害対策資金の貸付対象となる経費は,次に掲げるものとする。

(1) 1号資金

農業者の農業経営の再建及び生活の維持回復に必要な経費とする。

(2) 天災資金及び農業経営維持安定資金(天災)に定める経費とする。

(貸付条件)

第5 融資機関が農業者に貸し付ける農業災害対策資金の貸付条件は,次のとおりとする。

(1) 1号資金

① 貸付限度額は,次ぎのいずれか低い額であること。

ア 農業を営む個人については150万円(ただし,農業経営の実質担当者で,農業所得が総所得の過半を占める個人については,300万円),農業を営む団体については500万円

イ 被害額の合計額(市町村認定額)から天災資金及び農業経営維持安定資金(天災)の借入額(予定額を含む。)並びに共済金の額を減じた額

② 償還期限は5年以内で,そのうち据置期間を1年以内とする。

ただし,個人で150万円を超える貸付けの償還期限は7年以内で,そのうち据置期間を1年以内とする。

③ 貸付利率は,農業経営維持安定資金(災害)とおおむね同程度とし,災害の都度知事が定める。

(2) 2号資金

① 貸付限度額は,次のいずれか低い額であること。

ア 農業を営む個人については150万円,農業を営む法人については500万円

イ 天災資金及び農業経営維持安定資金(災害)の借入予定額

② 償還期限は,天災資金及び農業経営維持安定資金(災害)の貸付実行日又は災害の都度知事が定める日のいずれか早い日

③ 貸付利率は,1号資金と同率とする。

(利子補給の契約)

第6 利子補給は,村と融資機関との間で締結する農業災害対策資金利子補給契約によって行うものとする。

2 前項に定める利子補給契約を締結しようとする融資機関は,記名押印した農業災害対策資金利子補給契約書(様式第2号)を添えて,様式第1号による農業災害対策資金利子補給契約申込書(以下「申込書」という。)を村長に提出するものとする。

3 村長は,前項の規定により提出された申込書を受理したときは,これを審査し,適当と認めた場合は契約を締結するものとする。

(利子補給金の交付)

第7 村は,予算の範囲内で当該融資機関に対し利子補給金を交付する。

2 利子補給金は,規則第4条に規定する額の確定後に交付する。

(利子補給の期間)

第8 利子補給の期間は,融資機関が農業者に貸し付けた日から7年以内とする。また,2号資金に係る利子補給の期間は,融資機関が農業者に貸付けた日から償還期限以内とする。

(利子補給金の額)

第9 利子補給金の額は,毎年1月1日から12月31日までの期間における融資平均残高(計算期間中の毎日の最高残高(延滞額を除く。)の総和を年間の日数(365日)で除して得た金額をいう。)に災害の都度村長が定める率(村が金融機関に対して行う利子補給補助率。)を乗じて得た金額の合計額

(融資機関からの交付の申請及び実績報告)

第10 規則第3条の規定による補助金交付申請書及び規則第11条の規定による実績報告書の様式は,様式第3号によるものとし,融資機関は毎年1月1日から12月31日までの期間に係るものについて,翌年の1月31日までに次ぎの書類を添付して村長に提出するものとする。

(1) 利子補給金算出明細書総括表(様式第4号)

(その他)

第11 この要綱に定めるもののほか,利子補給金の交付に必要な事項は,村長が別に定めるものとする。

附 則

この要綱は,平成15年12月5日から施行する。

附 則(平成16年1月23日告示第5号)

この要綱は,平成16年1月23日から施行する。

附 則(平成27年11月25日告示第113号)

この要綱は,公布の日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

大衡村農業災害対策資金利子補給金交付要綱

平成15年12月5日 告示第91号

(平成27年11月25日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成15年12月5日 告示第91号
平成16年1月23日 告示第5号
平成27年11月25日 告示第113号