○大衡村要約筆記奉仕員派遣事業実施要領

平成18年10月13日

告示第105号

(目的)

第1条 この事業は,聴覚又は音声機能若しくは言語機能の障害を有する者(以下「聴覚障害者等」という。)が日常生活を営むうえで要約筆記を必要とする場合に,要約筆記奉仕員を派遣することにより,聴覚障害者等の社会参加の促進を図り,福祉の増進に資することを目的とする。

(事業実施主体)

第2条 この事業の実施主体は,大衡村とする。ただし,村長は,この事業を公益法人等に委託することができる。

(派遣対象者)

第3条 要約筆記奉仕員の派遣対象者(以下「対象者」という。)は,次のとおりとする。

(1) 村内に居住する聴覚障害者等で官公暑,医療機関その他日常生活を営む上で必要な機関等に於いて,手続きその他の行為をしようとする者

(2) 村内において聴覚障害者団体が主催する会議,研修会等の行事で村長が必要と認めた場合

(3) 前号に定めるもののほか,村長が特に必要と認めた者

2 前項の規定にかかわらず,次の各号のいずれかに該当する場合は,この事業の対象としない。

(1) 営利を目的としている場合

(2) 個人の趣味や娯楽に関する場合

(3) 講演会等の主催者側の経費で賄える場合

(4) 政治的行為や宗教的な目的を有している場合

(派遣範囲)

第4条 要約筆記者の派遣範囲は,宮城県内とする。

(業務の内容)

第5条 要約筆記奉仕員の行う業務は,次のとおりとする。

(1) 対象者の用務に伴う要約筆記

(2) その他必要な要約筆記

(派遣申請)

第6条 要約筆記奉仕員の派遣を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,要約筆記奉仕員派遣申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

ただし,役場が閉庁している場合等で緊急に要約筆記奉仕員の派遣が必要な場合の申請方法については,村長が別に定める。

(派遣決定)

第7条 村長は,対象者の状況等を調査のうえ派遣の要否を決定し,要約筆記奉仕員派遣決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(報告)

第8条 要約筆記奉仕員は,通訳を終了したときは,速やかに要約筆記奉仕員活動報告書(様式第3号)を村長に提出するものとする。

(要約筆記奉仕員に対する謝金)

第9条 要約筆記奉仕員に対する謝金は,予算の範囲内において村長が別に定める。

(費用負担)

第10条 要約筆記奉仕員を派遣した場合において,対象者から派遣費用は徴収しないものとする。

(要約筆記奉仕員の責務)

第11条 要約筆記奉仕員は,奉仕活動を行うに当たっては,身体障害者の人格を尊重して活動するとともに,当該身体障害者の身上及び家庭に関して知り得た秘密はこれを守らなければならない。

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか,事業実施に関して必要な事項は,村長が定める。

附 則

この要綱は,公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月30日告示第41号)

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

大衡村要約筆記奉仕員派遣事業実施要領

平成18年10月13日 告示第105号

(平成28年4月1日施行)