○八千代市ふるさとの緑を守る条例

昭和50年4月1日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は,本市の良好な自然環境を保全するとともに,健康で住みよい緑と太陽に恵まれた新しいふるさとのまちづくりを推進するため,必要な事項を定めることを目的とする。

(市長の責務)

第2条 市長は,自然環境を保全し,緑化を推進するための総合的な施策を策定し,その実施に努めなければならない。

(市民の責務)

第3条 市民は,日常生活を緑にみちたうるおいのあるものにするため,樹木,花等を植栽し,大切に育てるとともに,自然環境の保全と緑化に努めなければならない。

(環境保全林等の指定)

第4条 市長は,本市の良好な自然環境を保全し,かつ,美観風致を維持するため必要があると認める樹林又は樹木を環境保全林又は保存樹木(以下「環境保全林等」という。)として指定することができる。

2 市長は,前項の指定をするときは,あらかじめその旨を当該環境保全林等の所有者に通知し,その同意を得なければならない。

3 第1項の規定は,次の各号に掲げる樹林又は樹木については,適用しない。

(1) 文化財保護法(昭和25年法律第214号)第109条第1項,第110条第1項又は第182条第2項の規定により指定され,又は仮指定された樹林又は樹木

(2) 森林法(昭和26年法律第249号)第25条第1項又は第25条の2第1項若しくは第2項の規定により指定された保安林

(3) 国又は地方公共団体の所有又は管理に係る樹林又は樹木

(平17条例15・一部改正)

(公共施設の緑化)

第5条 市長は,公園,河川,道路,学校,保育園その他の公共施設の緑化に努めなければならない。

(工場の緑化)

第6条 工場を有する者又は工場を設置しようとする者は,工場内に緑地を確保し,又は樹木,花等を植栽するよう努めなければならない。

(建築物等の緑化)

第7条 建築物等の設置者は,樹木,花等の植栽可能な場所を確保し,緑化に努めなければならない。

(開発行為における保全及び緑化)

第8条 市長が別に定める基準以上の開発行為をしようとする者は,あらかじめ市長と協議して,自然環境の保全と緑化に努めなければならない。

(緑化協定)

第9条 土地及び建築物の所有権者,地上権者及び賃借権者(以下「土地所有権者等」という。)は,一定区域の緑化を推進するため,あらかじめ市長と協議して,当該区域内の土地所有権者等全員の合意により緑化協定をすることができる。

(助成等)

第10条 市長は,自然環境を保全し,緑化を推進するため,次の各号に掲げる事業を行う者に対し,予算の範囲内において,必要な助成をすることができる。

(1) 環境保全林等の管理及び育成事業

(2) 工場の緑化に関する事業

(3) 建築物等の緑化に関する事業

(4) 緑化協定に関する事業

(5) その他市長が特に必要と認めた事業

2 市長は,前項の助成のほか,必要と認めるときは,自然環境の保全及び緑化の推進に関し,必要な助言,指導及び勧告をすることができる。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この条例は,昭和50年10月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第15号)

この条例は,平成17年4月1日から施行する。

八千代市ふるさとの緑を守る条例

昭和50年4月1日 条例第3号

(平成17年4月1日施行)