○会計管理者の権限に属する事務及び市長の権限に属する事務の補助執行に関する規則

平成19年3月30日

規則第18号

(組織)

第1条 会計管理者の権限に属する事務を処理し,及び市長の権限に属する事務の一部を補助執行するため,次の課及び班を置く。

課名

班名

会計課

審査班,出納班

(職制及び職務権限)

第2条 課に課長を置き,課長は,上司の命を受け,課の事務を統括し,所属職員を指揮監督する。

2 前項に規定するもののほか,課に補佐,副主幹及び主査を,班に副主幹及び主査を置くことができる。

(事務分掌)

第3条 会計課の事務分掌は,次のとおりとする。

(1) 支出負担行為の確認及び支出命令の審査に関すること。

(2) 現金及び有価証券の出納及び保管に関すること。

(3) 市税及び市税外歳入の収入事務に関すること。

(4) 小切手の振出し等に関すること。

(5) 物品の出納及び保管に関すること。

(6) 財産の記録管理に関すること。

(7) 決算の調製に関すること。

(8) 収入証紙に関すること。

(9) 証拠書類の整理及び保管に関すること。

(10) 例月出納検査に関すること。

(11) 指定金融機関等の公金出納事務の指導及び検査に関すること。

(12) 庶務に関すること。

(課内職員の配置)

第4条 課に配属された職員の班への配置は,会計課長が命ずる。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

(収入役の権限に属する事務及び市長の権限に属する事務の補助執行に関する規則の廃止)

2 収入役の権限に属する事務及び市長の権限に属する事務の補助執行に関する規則(平成11年八千代市規則第33号)は,廃止する。

会計管理者の権限に属する事務及び市長の権限に属する事務の補助執行に関する規則

平成19年3月30日 規則第18号

(平成19年4月1日施行)