○山口南総合センター設置及び管理条例施行規則

平成22年3月31日

規則第87号

(利用許可の申請等)

第2条 条例第9条第1項の規定により山口南総合センター(以下「センター」という。)の利用許可を受けようとするものは、山口南総合センター利用(変更)許可申請書(様式第1号。以下「利用許可申請書」という。)を指定管理者に提出しなければならない。センターの利用の許可を受けたもの(以下「利用者」という。)が許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 利用許可申請書は、指定管理者が特別に理由があると認める場合を除くほか、利用しようとする日の属する月前1年から受理することができる。

(利用許可書の交付等)

第3条 指定管理者は、センターの利用を許可したときは、山口南総合センター利用(変更)許可書(様式第2号。以下「利用許可書」という。)を交付するものとする。

2 センターのテニスコート、アリーナ(アリーナ全面の6分の1を利用単位とする利用に限る。)及びトレーニングルームを利用しようとするものは、あらかじめ利用料金を納め利用券の交付を受けることにより、前条第1項及び前項の手続に代えるものとする。

3 利用者は、センターを利用するときは、利用許可書(第15条の規定により施設予約システム(山口市の設置する公の施設における利用の申請等の管理運営に係る事務について電子計算機を利用して処理する情報処理システムをいう。同条及び附則第1項ただし書において同じ。)から作成された利用許可書を含む。第8条及び第10条第2項において同じ。)又は利用券を携帯し、指定管理者の要求があったときは、これを提示しなければならない。

(利用時間)

第4条 利用者がセンターを利用する時間(次項において「利用時間」という。)は、本来の目的に要する時間のほか、その準備及び原状回復に要する時間を含めたものとする。

2 利用者は、許可を受けないで、利用時間を超過し、又は利用時間を繰り上げて利用を開始することはできない。

(利用期間等の制限)

第5条 センターは、同一人が引き続き5日(条例第7条の規定による休館日を除く。)を超える利用及び定期的曜日又は日時を指定した独占的な利用をすることができない。ただし、指定管理者が特別の必要があると認めるとき、又はセンターの管理運営上支障がないと認めるときは、この限りでない。

(附属設備器具の利用料金)

第6条 条例別表第3に規定する附属設備器具の利用料金は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

(利用料金の減免)

第7条 条例第14条の規定により利用料金を減額し、又は免除することができる場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 市若しくは指定管理者が主催して行う行事又はこれに相当する共催行事で、条例第3条に定める事業に利用するとき 免除

(2) 市が後援して行う行事又はこれに相当する共催行事で、条例第3条に定める事業に利用するとき 条例別表第1及び別表第2に定める利用料金の5割の額

(3) 前2号に掲げるもののほか、条例第3条に定める事業を目的として行われる行事で、市長が特に必要と認めるとき 減額又は免除

2 利用者は、利用料金の減額又は免除を受けようとするときは、山口南総合センター利用料金減免申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、センターの利用料金の減額又は免除を決定したときは、山口南総合センター利用料金減免通知書(様式第4号)により利用者に通知するものとする。

(利用の中止)

第8条 利用者は、センターの利用を中止しようとするときは、山口南総合センター利用許可取消願(様式第5号)に利用許可書を添えて、速やかに指定管理者に提出しなければならない。

(利用料金の還付)

第9条 条例第15条ただし書の規定により既納の利用料金を還付できる場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) センターの管理上の都合又は公用により利用の許可を取り消したとき 全額

(2) 条例第11条第1項第2号に該当するとき 全額

(3) 利用者が利用日の1箇月前(ホール以外の施設にあっては、10日)までに、利用の取消し又は変更を申し出た場合で、市長が相当の理由があると認めるとき 既納の利用料金の3割の額

(特別な設備)

第10条 利用者は、条例第16条の規定による許可を受けようとするときは、その内容を記載した仕様書を利用許可申請書に添付しなければならない。

2 前項の許可は、利用許可書にその旨を表示して行う。

(遵守事項)

第11条 利用者又はセンターに入館しようとする者若しくは入館した者は、条例に定めるもののほか、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 定員を超える人員を収容しないこと。

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは迷惑となる行為をし、又はこれらのおそれがある物品若しくは動物の類を携帯しないこと。

(3) 許可を受けずに物品の販売、宣伝その他営利行為をしないこと。

(4) 所定の場所以外で喫煙し、その他火気を使用しないこと。

(5) 許可を受けずにはり紙、くぎ打ち等をしないこと。

(6) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(7) 許可を受けた設備以外のものを利用しないこと。

(8) 許可を受けないで附属設備を所定の場所以外に持ち出さないこと。

(9) センター内を不潔にしないこと。

(10) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者の指示を遵守すること。

2 指定管理者は、前項の規定に違反する者又は違反することが明らかな者に対して、遵守事項を守るよう指導しなければならない。

3 指定管理者は、前項による指導に従わない者に対しては、センターへの入館を拒絶し、又は退去を命ずるものとする。

(責任者の設置)

第12条 指定管理者は、利用者がセンターを利用している間におけるセンター内の秩序を保持するため、利用者に対し、責任者を置くよう命ずることができる。

(損傷及び滅失の届出)

第13条 利用者は、センターの施設又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、直ちに山口南総合センター損傷・滅失届(様式第6号)により届け出て、指定管理者の指示を受けなければならない。

(利用の終了)

第14条 利用者は、センターの利用を終えたときは、直ちに指定管理者に届け出て点検を受けなければならない。

(利用の申請及び許可の特例)

第15条 第2条第1項及び第3条第1項の規定にかかわらず、センターの利用許可の申請(許可された事項を変更しようとする場合を含む。)及び利用の許可に係る手続等については、施設予約システムを用いて行うことができる。

(補則)

第16条 この規則に定めるもののほか、センターの運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。ただし、第3条第3項(施設予約システムに関する部分に限る。)及び第15条の規定は、同年5月19日から施行する。

(山口南総合センターの附属設備及び器具の利用料金の額等を定める規則の廃止)

2 山口南総合センターの附属設備及び器具の利用料金の額等を定める規則(平成17年山口市規則第53号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行の日の前日までに、前項の規定による廃止前の山口南総合センターの附属設備及び器具の利用料金の額等を定める規則及び廃止前の山口南総合センター設置及び管理条例施行規則(平成17年山口市教育委員会規則第33号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年1月31日規則第6号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

ホール等附属設備器具利用料金

区分

設備器具名

単位

利用料金

備考

冷房設備

ホール冷房設備

1時間

5,940

 

ホワイエ冷房設備

1時間

1,512

 

控室(大)冷房設備

1時間

216

 

控室(小)冷房設備

1時間

108

 

リハーサル室冷房設備

1時間

378

 

多目的ホール冷房設備

1時間

270

 

暖房設備

ホール暖房設備

1時間

6,480

 

ホワイエ暖房設備

1時間

1,620

 

控室(大)暖房設備

1時間

216

 

控室(小)暖房設備

1時間

108

 

リハーサル室暖房設備

1時間

378

 

多目的ホール暖房設備

1時間

410

 

舞台設備器具

音響反射板

一式

3,240

ハロゲン500W×14灯付

映写スクリーン

一式

1,080

9.6m×3.5m

所作台

一式

3,780

 

平台

1枚

216

 

箱馬

1個

54

 

金びょうぶ

1双

1,080

 

緋毛せん(大)

1枚

324

 

緋毛せん(小)

1枚

108

 

演台

一式

540

 

指揮台

1台

162

 

指揮者用譜面台

1台

108

 

譜面台

1本

54

 

上敷ござ

1枚

108

 

座布団

1枚

162

 

照明設備器具

フットライト

1列

540

60W×12灯×5台 3回路

ボーダーライト

1列

972

150W×63灯 2列

サスペンションライト

1台

324

1KWハロゲン

アッパーホリゾント

1列

2,160

200Wハロゲン×63灯 6回路

ロアーホリゾント

1台

270

150Wハロゲン×9

シーリングスポットライト

1台

324

1KWハロゲン

フロントスポットライト

1台

324

1KWハロゲン

スポットライト(1)

1台

324

1KWハロゲン

スポットライト(2)

1台

216

500Wハロゲン

ピンスポットライト

1台

1,080

1KWハロゲン

ライトスタンド

1本

54

 

カラーフィルター

1枚

108

 

持ち込み照明器具

1KW

97

 

音響設備器具

ホール拡声装置

一式

3,240

16チャンネルミキシング4グループ

ダイナミックマイク1個付

ワイヤレスマイク装置

一式

1,080

4チャンネルマイク1個付

プレーヤー

1台

540

 

レコーダー

1台

864

 

三点吊マイク装置

一式

1,080

 

コンデンサーマイク

1個

756

 

ダイナミックマイク

1個

540

 

ワイヤレスマイク

1個

540

 

マイクスタンド

1本

54

 

ステージスピーカー

1組

540

 

ステージモニタースピーカー

1組

540

 

音響関係回路

1回路

216

 

コンセント

1個

97

 

その他の設備器具

ピアノ

1台

5,400

調律料は別

電子オルガン

1台

3,240

 

映写機

1台

1,620

16ミリ2KWハロゲン

展示パネル

1台

21

1.8m×1.2m

液晶プロジェクター

一式

1,080

スクリーンを含む。

プロジェクター用ロングケーブル

1本

1,080

 

OHP

1台

540

スクリーンを含む。

スライド映写機

1台

324

 

VTR・テレビ

一式

1,080

 

携帯放送設備

1台

324

 

携帯放送設備スピーカー

1台

216

 

カラオケ

1台

324

 

コンセント

1個

151

 

喫茶台所(湯茶)

1回

540

 

備考

1 この表の利用料金(時間を利用料金算出の単位とするものを除く。)は、午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで又は午後6時から午後10時までのそれぞれの時間帯における利用ごとに1回として算定する。

2 この表の利用料金には、消耗器材費及び特別に必要な人件費は含まない。

3 上記により計算した額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

別表第2(第6条関係)

体育施設等附属設備器具利用料金

施設名

区分

設備器具名

単位

利用料金

運動広場

器具

放送設備

一式

1,080

携帯用放送器具

一式

324

テント

1張

324

持込電気機械器具

1KW

97

アリーナ

体育器具

バレーボール

1面一式

324

バスケットボール

1面一式

324

卓球

1台一式

108

バドミントン

1面一式

108

その他の器具

携帯用放送器具

一式

324

CDプレイヤー

1台

540

持込電気機械器具

1KW

97

附属設備

移動式ステージ

1台

108

フロアシート

1枚

54

放送設備

一式

1,080

シャワー室(温水利用)

50人未満

1,350

50人以上

2,700

照明設備

1回路1時間

54

多目的室

器具及び附属設備

携帯用放送器具

一式

324

CDプレイヤー

1台

540

持込電気機械器具

1KW

97

冷房設備

1時間

248

暖房設備

1時間

216

備考

1 条例別表第2の(2) 面利用料金に規定する利用料金を納付したものが、この表の照明設備を利用する場合は、利用料金を徴収しない。

2 この表の利用料金(時間を利用料金算出の単位とするものを除く。)は、1日当たり1団体が利用する場合の利用料金とする。

3 レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外でこの表の附属設備器具を利用する場合の利用料金は、午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで又は午後6時から午後10時までのそれぞれの時間帯における利用ごとに1回として算定する。

4 上記により計算した額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

山口南総合センター設置及び管理条例施行規則

平成22年3月31日 規則第87号

(平成26年4月1日施行)