○米沢市職員研修規程

昭和63年3月28日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、職員の研修に関し必要な事項を定めるものとする。

(研修の基本)

第2条 すべての職員は、自らその人格及び教養の向上を図り、職務の遂行に必要な知識、技能、態度等を習得するため研修に当たり、もつて本市行政の民主的かつ能率的な運営に資するよう努めるものとする。

(所属長の義務)

第3条 所属長は、所属職員に対して研修の趣旨を徹底し、及び所属職員が積極的に自己研修を行うよう必要な助言及び指導を行うとともに、研修を受ける職員が研修に専念できるよう適切な措置を講じなければならない。

(研修の区分)

第4条 研修の区分は、次のとおりとする。

(1) 自己研修 職員自らの意思に基づいて行う自主的な研修

(2) 職場研修 所属長が所属職員に対し、日常の執務を通じて行う研修

(3) 集合研修

 基本研修 職員に対し、その職務の複雑さと責任の度合いに応じて行う研修

 特別研修 職員に対し、その分掌事務を遂行するに必要な専門的又は実務的な知識、技術、態度等を習得させるため行う研修

(4) 派遣研修 職員を国、他の地方公共団体その他の研修機関等に派遣して行う研修

(平10訓令5・一部改正)

(研修計画等)

第5条 研修の計画については、市長が別に定める。

2 市長は、前項に規定する研修計画を定めるに当たり、必要な事項を調査及び研究させるため米沢市職員研修検討委員会を設置することができる。

(平2訓令14・全改)

(研修生の決定)

第6条 集合研修及び派遣研修を受ける職員(以下「研修生」という。)の決定は、市長が行う。

2 市長は、研修生を決定したときは、任命権者を通じて当該研修生に対し通知する。

(平10訓令5・一部改正)

(研修生の服務)

第7条 研修生は、規律を守り、誠実に研修を受けなければならない。

2 研修期間中は、米沢市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和26年条例第4号)第2条に規定する承認を得たものとみなし、職務に専念する義務を免除する。

(講師)

第8条 集合研修の講師は、職員又は知識経験者のうちから市長が任命し、又は委嘱する。

(平10訓令5・一部改正)

(教材等の貸与又は支給)

第9条 研修生及び前条の規定により任命され、又は委嘱された講師に対して、教材その他研修に必要な物品を貸与し、又は支給する。

(研修効果の測定)

第10条 研修の効果測定は、必要に応じて、報告書の提出その他の方法により行うものとする。

(修了証書の授与)

第11条 基本研修を修了した者に対しては、修了証書(別記様式)を授与することができる。

(その他)

第12条 この規程に定めるもののほか、職員の研修に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成2年3月29日訓令第14号)

この訓令は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月26日訓令第5号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

(平10訓令5・一部改正)

画像

米沢市職員研修規程

昭和63年3月28日 訓令第6号

(平成10年3月26日施行)