○米沢市職員の提案に関する規程

平成9年5月16日

訓令第20号

(目的)

第1条 この規程は、職員に対して本市の行政事務等の改善に関する提案を奨励し、もって職員の行政参加の意欲を高めるとともに、市民サービスに寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 提案 行政事務に関し、その改善(未実施のものに限る。)の意見を提出することをいう。

(2) 改善報告 自ら所掌する事務の改善を行い、その成果を報告することをいう。

(平14訓令19・追加)

(提案等の実施者)

第3条 職員は、個人又は共同で提案及び改善報告(以下「提案等」という。)をすることができる。ただし、課長(課長相当職を含む。)以上の職にある者は、提案等をすることができない。

(平14訓令19・旧第2条繰下・一部改正)

(提案等の要件)

第4条 提案等は、次の各号のいずれかに該当するもので、効果的かつ建設的なものでなければならない。

(1) 市民サービスの向上に関すること。

(2) 業務能率の向上に関すること。

(3) 経費の節減又は収入の増加に関すること。

(4) 職場環境の改善に関すること。

(平14訓令19・旧第3条繰下・一部改正)

(提案等の方法)

第5条 提案等をしようとする職員は、提案・改善報告書(様式第1号)に必要な事項を記入し、参考資料がある場合はこれを添付して企画調整部総合政策課長(以下「総合政策課長」という。)に提出しなければならない。この場合において、改善報告をするときは、当該職員の所属する課等の長(以下「所属長」という。)の意見を付すものとする。

2 提案等は、随時に行うことができる。ただし、総合政策課長は、特に必要があると認めた場合には、特定の課題を定め、期間を定めて提案等を募集することができる。

(平14訓令19・旧第4条繰下・一部改正、平20訓令10・一部改正)

(提案等の調査等)

第6条 総合政策課長は、提案等を受理したときは、提案等に関係のある課等の長(以下「関係課長」という。)の意見を聴き、かつ、提案等の内容を調査して、審査に付さなければならない。

(平14訓令19・旧第5条繰下・一部改正、平20訓令10・一部改正)

(提案等の審査)

第7条 提案等の審査は、米沢市事務管理委員会(以下「委員会」という。)が行う。この場合において、委員会は、委員の半数以上が出席しなければ審査を行うことができない。

2 委員会は、別表第1の審査基準及び別表第2の等級基準に基づき提案等の審査を行い、等級を決定するものとする。

3 委員会は、提案等の審査に関して必要があると認めるときは、関係職員の出席を求め、その意見を聴くことができる。

(平14訓令19・旧第6条繰下・一部改正)

(報告等)

第8条 委員会は、審査の結果を市長に報告するとともに、提案等審査結果通知書(様式第2号)により提案等をした者に通知しなければならない。

(平14訓令19・旧第7条繰下・一部改正)

(表彰)

第9条 市長は、1級又は2級と決定された提案等をした者を、記念品を授与して表彰するものとする。

2 市長は、提案等の内容が特に優秀であると認める提案等をした者及び提案等についての努力が特に顕著であると認める提案等をした者を、賞状を授与して表彰するものとする。

(平14訓令19・旧第8条繰下・一部改正)

(提案の実施等)

第10条 総合政策課長及び関係課長は、1級又は2級と決定された提案の実施について協議するものとする。

2 委員会は、必要があると認めるときは、総合政策課長及び関係課長に対し、1級又は2級と決定された提案以外の提案の実施についての協議を求めることができる。

3 関係課長は、第1項の規定による協議の結果に基づき当該提案を実施したときは、その結果を総合政策課長を経て市長に報告しなければならない。

(平14訓令19・旧第9条繰下・一部改正、平20訓令10・一部改正)

(提案等の公表)

第11条 市長は、提案等の内容及びその審査の結果について公表することができる。

(平14訓令19・追加)

(提案等の推進)

第12条 所属長は、提案の活動を奨励し、推進し、及び指導するものとする。

(平14訓令19・追加)

(提案等の権利の取扱い)

第13条 提案等に関する権利の取扱いについては、提案等をした者と協議してその都度決定する。

(平14訓令19・旧第10条繰下・一部改正)

(その他)

第14条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(平14訓令19・旧第11条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成9年5月16日から施行する。

(米沢市事務管理委員会規程の一部改正)

2 米沢市事務管理委員会規程(昭和51年訓令第26号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成14年6月28日訓令第19号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成14年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日前にこの訓令による改正前の米沢市職員の提案に関する規程の規定に基づき提出された提案については、なお従前の例による。

(米沢市事務管理委員会規程の一部改正)

3 米沢市事務管理委員会規程(昭和51年訓令第26号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成20年7月1日訓令第10号)

この訓令は、平成20年7月1日から施行する。

別表第1(第7条関係)

(平14訓令19・全改)

審査基準

審査項目

評点区分(A)

ウエイト

採点

(A)×(B)又は(A)×(C)

提案(B)

改善報告(C)

有効性

効果がない

わずかに効果がある

ある程度効果がある

効果がある

非常に効果がある

極めて大きな効果がある

2

2

 

0

1 

2

3

4

5

実現性

実施できない

他に方法もあり相当の修正を要する

かなり修正と準備を要する

やや修正と準備を要する

若干の準備を要する

直ちに実施できる

1 

 

 

0

1 

2

3

4

5

着想性

認められない

わずかに認められる

ある程度認められる

認められる

非常に認められる

極めて大きいと認められる

1 

1 

 

0

1

2

3

4

5

努力工夫性

認められない

わずかに認められる

ある程度認められる

認められる

非常に認められる

極めて大きいと認められる

1 

2 

 

0

1 

2

3

4

5

 

総評点

別表第2(第7条関係)

(平14訓令19・一部改正)

等級基準

等級

1級

2級

3級

4級

5級

点数

20~25

15~19

10~14

5~9

0~4

備考 この表における点数とは、別表第1による各委員の総評点の平均をいう。

(平14訓令19・全改)

画像

(平14訓令19・一部改正)

画像

米沢市職員の提案に関する規程

平成9年5月16日 訓令第20号

(平成20年7月1日施行)