○吉賀町職業紹介業務運営規程

平成21年6月23日

吉賀町告示第56号

(趣旨)

第1条 この告示は、職業安定法(昭和22年法律第141号。以下「法」という。)第33条の4の規定に基づき、吉賀町(以下「本町」という。)が行う無料の職業紹介業務の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(求人)

第2条 町長は、町内に事業所を有する企業等に限り、全ての求人の申込みを受理するものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、これを受理しないことがある。

(1) 申込みの内容が法令に違反する場合

(2) 求職者が従事すべき業務の内容及び賃金、労働時間その他の労働条件(以下「労働条件等」という。)が通常と比べて著しく不適当である場合

2 求人者は、所定の求人登録票に必要事項を記入し、求人申込みを行わなければならない。

3 求人の申込みは、求人者が直接来所して申し込むものとする。なお、直接来所できない場合は、郵便、ファックス、電子メールによる申込みも可能とする。

4 求人申込みの際には、本町に対し、労働条件等を明示しなければならない。

(求職)

第3条 町長は、町内に居住又は居住を希望する者に限り、全ての求職の申込みを受理するものとする。ただし、その申込みの内容が法令に違反する場合は、これを受理しないこととする。

2 求職者は、所定の求職登録票に必要事項を記入し、求職申込みを行わなければならない。

3 求職の申込みは、本人が直接来所して申し込むものとする。

(求人登録票等の整理保管)

第4条 受理した求人登録票及び求職登録票は、求人及び求職管理簿に搭載し整理保管するものとする。

(紹介)

第5条 町長は、職業の紹介にあたり、法第2条に規定される職業選択の自由の趣旨を踏まえ、求職者にはその希望と能力に応ずる職業を、求人者にはその労働条件等に適合する求職者を紹介するよう努めるものとする。

2 紹介に際しては、求職者に、紹介において従事することとなる労働条件等をあらかじめ明示する。

3 求職者を求人者に紹介する場合には、求職者に対し紹介状を発行する。求職者は、その紹介状を持参するものとする。

4 労働争議に対する中立の立場をとるため、同盟罷業又は作業所閉鎖の行われている間は求人者に対する紹介は行わないこととする。

(求人・求職の紹介期限)

第6条 求人又は求職の紹介期限は、受付した日を1か月目とし、6か月目の末日までとする。ただし、求人者又は求職者からの申出による更新は可能とする。

(職業紹介業務担当者)

第7条 職業紹介業務は、企画課職員(以下「業務担当者」という)が行う。

(個人情報の適正な取扱い)

第8条 業務担当者は、求人者又は求職者から知り得た個人的な情報は、法第51条の2及び吉賀町個人情報保護条例(平成17年吉賀町条例第17号)に定めるもののほか、吉賀町職業紹介業務に係る個人情報適正管理規程(平成21年吉賀町訓令第11号)に基づき、適正に取り扱うものとする。

(均等待遇)

第9条 町長は、求職者又は求人者に対し、その申込みの受理、面接、指導、紹介等の業務について、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地、従前の職業、労働組合の組合員であること等を理由として差別的な取扱いは一切行わないものとする。

(報告)

第10条 求人者及び求職者は、雇用関係成立又は不成立の結果を、業務担当者に対し報告しなければならない。

(その他)

第11条 本町の職業紹介業務の運営は、この告示に定めるもののほか、法及びこれに基づく通達等によるものとする。

附 則

この告示は、平成21年8月1日から施行する。

附 則(平成30年3月28日告示第104号)

この告示は、公布の日から施行する。

吉賀町職業紹介業務運営規程

平成21年6月23日 告示第56号

(平成30年3月28日施行)