○吉賀町電気自動車用急速充電器施設条例

平成27年6月19日

吉賀町条例第36号

(設置)

第1条 本町に電気自動車用急速充電器(以下「急速充電器」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 急速充電器の名称及び位置は、別表のとおりとする。

(供用時間)

第3条 急速充電器は、毎日24時間利用することができる。

(利用)

第4条 急速充電器を利用するものは、第8条に定めるところにより使用料を納付しなければならない。

2 急速充電器の1回当たりの利用時間は、30分以内とする。

(利用の拒否)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、急速充電器の利用を拒否することができる。

(1) 電気自動車の充電以外の目的で急速充電器を利用しようとするとき。

(2) 前号のほか、町長が急速充電器の利用に支障があると認めるとき。

(禁止行為)

第6条 急速充電器の利用において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 充電のための駐車スペース(以下「駐車スペース」という。)の枠外に電気自動車を駐車させて急速充電器を利用する行為

(2) 他の自動車の駐車及び通行を妨げる行為

(3) 駐車中の他の自動車に損傷を与えるおそれのある行為

(4) 電気自動車の充電以外の目的で駐車スペースに駐車する行為

(5) 充電完了後も、駐車スペースに駐車し続ける行為

(6) 前各号に掲げるもののほか、急速充電器の利用に支障を及ぼすおそれのある行為

(急速充電器の利用の休止)

第7条 町長は、工事その他の理由により必要があると認めるときは、急速充電器の利用を休止することができる。

2 前項の規定により急速充電器の利用を休止するときは、当該急速充電器設置場所の見やすい場所にその旨を掲示する。

(使用料)

第8条 使用料は、急速充電器の利用1回当たり500円とし、現金で納付しなければならない。

(使用料の還付)

第9条 既納の使用料は、還付しない。ただし、町長が特別な理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(損害の賠償等)

第10条 急速充電器利用中の自動車の盗難、損傷及び駐車場内の事故等によって生じた損害その他火災等不可抗力によって生じた損害については、町は賠償の責めを負わない。ただし、その損害が町の責めに帰すべき理由によるときは、この限りでない。

2 利用者が故意又は過失により急速充電器を破損し、又は滅失した場合は、速やかに町長へ報告するものとし、町長の指示により速やかにこれを原状回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成27年7月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

位置

道の駅むいかいち温泉 急速充電器

吉賀町有飯225番地2

道の駅かきのきむら 急速充電器

吉賀町柿木村柿木508番地1

吉賀町電気自動車用急速充電器施設条例

平成27年6月19日 条例第36号

(平成27年7月1日施行)