○愛知県後期高齢者医療広域連合の広域連合長の選挙に関する規則

平成21年3月27日

規則第5号

(趣旨)

第1条 広域連合長の選挙については、愛知県後期高齢者医療広域連合規約(平成19年3月20日愛知県知事許可。以下「規約」という。)第12条第1項から第3項までに規定するもののほか、この規則の定めるところによる。

(選挙長)

第2条 広域連合長の選挙を行うときは、選挙長を置く。

2 選挙長は、広域連合事務局長の職にある者をもって、これに充てる。

(選挙立会人)

第3条 選挙長は、広域連合の職員又は構成市町村(規約第2条に規定する構成市町村をいう。以下同じ。)の職員の中から、本人の承諾を得て、2人以上の選挙立会人を選任し、本人に通知しなければならない。

2 選挙立会人は、正当な理由がなければ、その職を辞することができない。

(選挙期日等の告示)

第4条 選挙長は、広域連合長の選挙を行うときは、選挙の期日等を少なくとも選挙の期日の14日前に告示するとともに、構成市町村の長に通知するものとする。

(投票用紙等の送付)

第5条 選挙長は、前条の告示をしたときは直ちに次に掲げる投票用紙等を構成市町村の長に送付しなければならない。

(1) 投票用紙(様式第1号)

(2) 投票用封筒(様式第2号)

(3) 代理投かん委任状(様式第3号)

(4) 候補者名簿

(選挙の投票)

第6条 選挙の投票は1人1票に限る。

2 構成市町村の長は、投票用紙に広域連合長の当選人とすべき者1人の氏名を自書しなければならない。

3 構成市町村の長は、次の各号のいずれかの方法により選挙の投票をする。

(1) 構成市町村の長が投票用紙を直接投票箱に投かんする方法

(2) 構成市町村の長が指定する職員に代理で投票用紙を投票箱に投かんさせる方法

(3) 投票用紙を郵便又は構成市町村の長が指定する職員に届けさせることにより選挙長に送付する方法

4 選挙長は、前項第1号及び第2号の方法による投票の際、2人以上の選挙立会人を立ち会わせなければならない。

5 第3項第1号及び第2号の方法による投票は、選挙の当日の午後1時から午後4時まで行うものとする。

6 第3項第3号の方法により投票をしようとする構成市町村の長は、選挙長に対し、選挙の当日の午後4時までに広域連合の事務所に投票用紙が到達するようにしなければならない。

7 選挙長は、前項の規定による投票用紙の送致を受けたときはこれを保管し、選挙の当日、投票箱を閉じる前に投票用封筒を開いて直ちに投票用紙を投票箱に入れなければならない。

(選挙会)

第7条 選挙長は、2人以上の選挙立会人の立会いのもとに、選挙会を開いて開票及び点検を行い、当選人を定めなければならない。

2 投票の効力は、選挙長が選挙立会人の意見を聴いて決定しなければならない。

3 選挙会は、規約第12条第2項に規定する場所において開くものとする。

(無効投票)

第8条 次の各号のいずれかに該当する投票は、無効とする。

(1) 所定の投票用紙を用いないもの

(2) 広域連合長となることができない者の氏名を記載したもの

(3) 1投票中に2人以上の広域連合長の当選人とすべき者の氏名を記載したもの

(4) 広域連合長の当選人とすべき者の氏名のほか、他事を記載したもの。ただし、職業、身分、住所又は敬称の類を記載したものは、この限りでない。

(5) 広域連合長の当選人とすべき者の氏名を自書しないもの

(6) 広域連合長の当選人とすべき者を何人と記載したのかを確認し難いもの

(同一氏名等の候補者に対する投票の効力)

第9条 同一の氏名、氏若しくは名又は公職の名称(仮名で表記した場合に同一の表記となるものを含む。)を持つ候補者が2人以上ある場合においては、その氏名、氏若しくは名又は公職の名称のみを記載した投票は、前条第6号の規定にかかわらず、有効とする。

(当選人)

第10条 当選人は、有効投票の最多数を得た者とする。ただし、有効投票の総数の4分の1以上の得票がなければならない。

2 当選人を定めるに当たり得票数が同じであるときは、選挙会において、選挙長がくじで定める。

3 選挙長は、当選人が定まったときは、直ちに当選人に当選の旨を告知し、かつ、当選人の住所及び氏名を告示しなければならない。

(当選の効力の発生)

第11条 当選人の当選の効力は、前条第3項の規定による告示があった日から生ずるものとする。

(選挙結果の報告)

第12条 選挙長は、選挙の結果を直ちに構成市町村の長に報告しなければならない。

(選挙録の作成)

第13条 選挙長は、選挙録(様式第4号)に選挙に関する次第を記載し、選挙立会人とともに、これに署名しなければならない。

(投票用紙及び選挙録の保存)

第14条 投票用紙及び前条に規定する選挙録は、当該選挙に係る広域連合長の任期の間、保存しなければならない。

(その他)

第15条 この規則の施行に関し必要な事項は、選挙長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

愛知県後期高齢者医療広域連合の広域連合長の選挙に関する規則

平成21年3月27日 規則第5号

(平成21年3月27日施行)